サラサドウダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラサドウダン
Enkianthus campanulatus 4.JPG
福島県会津地方 2010年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ドウダンツツジ属 Enkianthus
: サラサドウダン
E. campanulatus
学名
Enkianthus campanulatus (Miq.) G.Nicholson
シノニム

Tritomodon campanulatus (Miq.) F.Maek. ex Okuyama

和名
サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台、学名:Enkianthus campanulatus)はツツジ科ドウダンツツジ属落葉低木。別名、フウリンツツジ

特徴[編集]

樹高は2-5mになる。若いは無毛。は長さ3-10mmの葉柄をもって枝先に集まって互生する。葉身は倒卵形で、長さ2-5cm、幅1-2cmになり、先端はやや尖るか鈍く、下部は葉柄に流れる。葉の表面には短い毛が散生し、裏面の側脈の基部には褐色の縮れた毛が密生する。縁には先端が長い毛状になる微小鋸歯がある。

花期は5-6月。枝先に長さ2-3cmの総状花序をつけ、10個ほどの花が1-2cmの花柄の先端に下垂してつく。は鐘形で深く5裂する。花冠は長さ8-10mmあり、鐘形で先端は浅く5裂する。花冠の色は、先端が淡紅色になり下部は黄白色で紅色の縦条が入る。雄蕊は10本ある。果実蒴果で上向きにつく。

分布と生育環境[編集]

日本固有種。北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育する。

変種、品種[編集]

  • シロバナフウリンツツジ Enkianthus campanulatus (Miq.) G.Nicholson f. albiflorus (Makino) Makino
  • キバナフウリンツツジ E. c. (Miq.) G.Nicholson f. lutescens F.Yokouchi
  • ミヤマドウダン E. c. (Miq.) G.Nicholson var. kikuchi-masaoi (Mochizuki) Sugim.
  • ベニサラサドウダン E. c. (Miq.) G.Nicholson var. palibinii (Craib) Bean - 花冠は長さ5-6mmで深紅色。本州の東北地方、関東地方、中部地方の高地にまれに生育する。
  • ツクシドウダン E. c. (Miq.) G.Nicholson var. longilobus (Nakai) Makino - ベニサラサドウダンに似るが、花冠は3分の1ほど裂ける。九州中北部の山地に生育する。

近縁種[編集]

カイナンサラサドウダン E. sikokianus (Palib.) Ohwi は、サラサドウダンの変種 (E. campanulatus (Miq.) G.Nicholson var. sikokianus Palib.) とされることもあるが、独立種と見なすことが多い。花の形や色はよく似ているが、花柄がずっと短いこと、花冠がより深く裂けること、それに花序の軸がずっと長く伸びることで区別される。本州では愛知県、三重県、和歌山県、それに四国の太平洋側に産する。

ギャラリー[編集]

サラサドウダン 
ベニサラサドウダン 

関連項目[編集]

参考文献[編集]