サラゴサ国際博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラゴザ国際博覧会
Expo Zaragoza 2008
サラゴサ万国博覧会.JPG
サラゴサ博, 会場の1風景
イベントの種類 国際博覧会
正式名称 サラゴザ国際博覧会
開催時期 2008年6月14日 - 9月14日
会場 スペインの旗 スペインアラゴン州サラゴサ
公式サイト

サラゴサ国際博覧会Expo Zaragoza 2008)は、スペインアラゴン州サラゴサ2008年6月14日から9月14日までの93日間行われた国際博覧会で、2005年12月第138回BIE総会において正式認定された初めての認定博である。
テーマは「水と持続可能な開発(Water and Sustainable Development)」。
サブテーマは「水─限りある資源(Water,a unique resource) 」「生命の源である水(Water for life)」「水のある風景(Waterscapes)」「水─人々をつなぐ要素(Shered water)」。
愛称は「ZH2O」。サラゴサの「Z」と水を意味する「H2O」の組み合わせ。日本政府は2006年10月20日に独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)を参加機関とし、公式に参加を表明した。

シンボルマーク[編集]

「EXPO ZARAGOZA2008」はスペインの国旗を現す青・赤・黄で彩られ、都市を象徴している。 サラゴサ市を表す「Z」は水滴をイメージしたデザインで、「EXPO ZARAGOZA2008」との重なりにより都市と水の共生を表現している。

マスコット[編集]

フルービー(Fluvi)。 身体が半透明のゼリー状の水生命体。陽気な性格で、触れるものすべてを浄化する能力がある。 すべての水の供給を図るポーシス(POSIS)一族の一員でエブロ川の川辺に住んでいる。動くと周囲に小さな水滴を放つ。"水と持続可能な開発"を体現したキャラクター。少し気難しいポー(PO)という友人がいる。

ネガス(NEGAS)という水を吸収し、汚染するポーシスと相反する水生命体の敵がいる。ネガスは水を得るほど強大になり、水を失うと弱体化する。フルービの力はネガスに水を奪われた土地を回復させることができる。

公募によりカタルーニャ州在住のセルジ・ロペスのデザイン・設定が採用された。

2005年愛知万博のメッセージを受け継ぐねらいをこめて、愛知万博のマスコットであった「モリゾー」「キッコロ」とフルービーとが文字通り共演するアニメも、日西合作により製作された。

入場料[編集]

  • 一日券
  • 三日券
    • 70ユーロ
  • シーズンパスポート
    • 210ユーロ
  • 夜間入場券(午後8時以降入場)
    • 18ユーロ

事前購入割引あり。 小人、中人、老人・身体障害者、ユースカード、団体等各種割引あり

日本デー[編集]

  • 2008年7月21日

日本デーとして日本館はじめさまざまなイベントが行われた。

企業協賛[編集]

  • パートナー(最低拠出金600万ユーロ)
  • スポンサー(最低拠出金200万ユーロ)
  • メディアスポンサー(新聞社等)
  • コンテントスポンサー(最低拠出金150万ユーロ)
  • フレンド・オブ・エキスポ(最低拠出金10万ユーロ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前大会:
-
認定博
スペインサラゴサ
次大会:
麗水国際博覧会