サラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラカヤシ
サラカヤシ
サラカヤシ
皮の付いたサラク、実をむいたところ、種
皮の付いたサラク、実をむいたところ、種
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
階級なし : ツユクサ類 commelinids
: ヤシ目 Arecales
: ヤシ科 Arecaceae
: サラカヤシ属 Salacca
: サラカヤシ S. zalacca
学名
Salacca zalacca (Gaertn.) Voss
和名
サラカヤシ、サラクヤシ
英名
Salak、Snakefruit

サラク(学名:Salacca zalaccaインドネシア語マレーシア語:Salak)はヤシの一種で、ヤシ科サラカヤシ属に属する植物である。和名はサラカヤシまたはサラクヤシといい、サラッサラックとも音訳される。シノニムS. edulisまたはCalamus zalaccaインドネシアマレーシアに自生する。とても茎の短いヤシであり、葉は6mに達する。葉は長さ15cmに達するとげのある2mの葉柄と多数の小葉から成る。

果実は葉の付け根に房となって実る。この実がスネークフルーツ (snakefruit) とも呼ばれるのは、実の皮が赤褐色で鱗状になっているからである。果皮も鋭い刺に覆われている。大きさと輪郭は、熟したイチジクの実と似ている。

果肉は食用とされる。実の先をつまんで引きちぎるようにすると、ぱりっと皮が外れるようにして剥ける。中身は白く、3つくらいの大小の房に分かれていて、大きな房の中には種が入っている。種は食べられない。油っぽいような独特の匂いがあり、味は普通甘く、酸味と共に渋みがある。リンゴのような歯ごたえだが、品種によって歯触りが異なり、乾いてもろいものから水分が多くてぽりぽりしたものまで多様である。現地では生食のほかに砂糖煮などに加工されている。

外部リンク[編集]