サヤ・デ・マルハ・バンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サヤ・デ・マルハ・バンク (Saya de Malha Bank) は、世界最大の海面下にあるで、広大なマスカレン海台の一部を成す。マダガスカルの東、セイシェルの南東、ナザレス・バンクカルガドス・カラホス諸島モーリシャス島の北に位置する。最も近い陸地は約300km西にあるモーリシャス領のアガレガ諸島である。モーリシャスはサヤ・デ・マルハ・バンクを排他的経済水域の一部としている。

サヤ・デ・マルハ・バンクの面積は40,808 km2であり、小さいノースバンクと巨大なサウスバンクに分かれている。サウスバンクは、環礁だと考えれば世界最大であり、一般に世界最大の環礁とされるグレート・チャゴス・バンクのほぼ3倍の面積を有する。

水深は周辺部では17から29m、ラグーンであった場所はおよそ73mである。また、水深10m以下の場所もあり、最も浅いPoydenot Rockと呼ばれる場所は水深7mである。

サヤ・デ・マルハ・バンクは3500万年前にレユニオンホットスポットにより形成された。数百万年前は現在のレユニオンやモーリシャス島のような火山島であったが、その後海面下に沈んだ。

サヤ・デ・マルハ・バンクは、喜望峰インドとの間の航海中にこのバンクに遭遇したポルトガル人探検家により500年前に命名された。