サヤハシチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サヤハシチドリ
サヤハシチドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: サヤハシチドリ科 Chionididae
: サヤハシチドリ属 Chionis
: サヤハシチドリ C. alba
学名
Chionis alba (Gmelin1789)
和名
サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)
英名
Snowy Sheathbill

サヤハシチドリ鞘嘴千鳥、学名 Chionis alba)は、チドリ目サヤハシチドリ科サヤハシチドリ属の1種の海鳥である。

チドリと総称されるチドリ科とは、同目同亜目だが別科である。ナンキョクバト南極鳩)とも言うが、ハトとの類縁関係は薄い。

分布[編集]

南極半島パタゴニアなど南アメリカ大陸南部、フエゴ島南大西洋の島々に生息する。

形態[編集]

体長約40センチメートル、広げた両翼の長さ約80センチメートル。

生態[編集]

雑食だが、主に腐肉食ペンギンを捕食したり、南極基地のゴミをあさったりする。

近縁種にカオグロサヤハシチドリ (Chionis minor) がいる。