サミュエル・D・ディーレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミュエル・D・ディーレイ
Samuel David Dealey
Samuel D. Dealey.jpg
生誕 1906年9月3日
テキサス州 ダラス
死没 1944年8月24日(満37歳没)
フィリピン ルソン島沖合
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1930 - 1944
最終階級 海軍少佐
テンプレートを表示

サミュエル・デヴィッド・ディーレイ(Samuel David Dealey, 1906年9月13日 - 1944年8月24日)は、第二次世界大戦時のアメリカ海軍軍人、潜水艦艦長。名誉勲章受章者。最終階級は少佐

経歴[編集]

1906年9月13日、テキサス州ダラスに生まれる。1930年6月、アナポリスを卒業。潜水艦乗りとしての訓練を受ける前には戦艦ネバダ(USS Nevada, BB-36)で勤務した。潜水艦S-20(USS S-20, SS-125)で勤務中に第二次世界大戦が始まると1942年12月2日ハーダー (USS Harder, SS-257)の艦長に任命された。ディーレイは彼の潜水艦を敵の制海権下にある水域深くに導き、日本への通商破壊を行った。その武勲は目覚しく、ディーレイは従軍星章、四度の海軍十字章に輝いた。彼の指揮下でハーダーは戦闘において抜きん出た戦果をあげ、プレジデンタル・ユニットサイテーションを受章した。ハーダーの最も輝かしい5度目の哨戒では駆逐艦2隻を撃沈、ほか2隻を大破させた功績によって、名誉勲章を受章している。 1944年8月24日、6度目の哨戒においてルソン島沖で敵駆潜艇爆雷攻撃を受け艦が撃沈された際戦死した。死後「潜水艦乗りの中の潜水艦乗り」と称えられ、護衛駆逐艦ディーレイ(USS Dealey, DE-1006)は彼の栄誉を称えて命名された。

賞罰[編集]

外部リンク[編集]