サミュエル・ダレンバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミュエル・ダレンバート
Samuel Dalembert
ニューヨーク・ニックス  No.11
Samuel Dalembert.jpg
名前
本名 サミュエル・デイビス・ダレンベア
愛称 Big Sam
ラテン文字 Samuel Dalembert
フランス語 Samuel Davis Dalembert
基本情報
カナダの旗 カナダ
誕生日 1981年5月10日(33歳)
出身地 ハイチの旗 ハイチポルトープランス
身長 211cm
体重 113kg
選手情報
ポジション センター
背番号 11
ドラフト 2001年 26位
代表歴
キャップ カナダの旗 2007年-2008年
経歴
2001-2010
2010-2011
2011-2012
2012-2013
2013-2014
2014-
フィラデルフィア・76ers フィラデルフィア・76ers
サクラメント・キングス
ヒューストン・ロケッツ
ミルウォーキー・バックス
ダラス・マーベリックス
ニューヨーク・ニックス

サミュエル・ダレンベアSamuel Dalembert)ことサミュエル・デイビス・ダレンベアSamuel Davis Dalembert, フランス語読みサミュエル・ダランベール, 1981年5月10日 - )は、カナダのプロバスケットボール選手NBAニューヨーク・ニックスに所属している。ハイチの首都ポルトープランス出身。ポジションはセンター。身長211cm、体重113kg。日本語: サミュエル・ダレンバートと表記する事もある。

現在はカナダ国籍を取得したハイチ系カナダ人であり、モントリオール市民である。

経歴[編集]

エディ・グリフィンらと共にシートンホール大学で2年間プレイした後、2001年のNBAドラフトでシクサーズから全体の26位指名を受けNBA入り。ルーキーシーズンは34試合のみの出場に終る。

2002-03シーズンは怪我により全休。03-04シーズンは82試合全てに出場しリバウンドとブロックで才能の片鱗を見せた。
2004年以降もシクサーズでプレー。2005年にはフリーエージェントとなり、長期大型契約を結んだ。

2007年、カナダ代表として北京オリンピック南北アメリカ大陸予選に参加して5位。2008年の世界最終予選への切符を手に入れる。
2008年、北京オリンピックバスケットボール世界最終予選に再びカナダ代表として参加。この大会にはマイアミ・ヒートジョエル・アンソニーカナダ代表として共に参加。予選グループを突破し、決勝トーナメントに進出するも、1回戦でクロアチアに破れ敗退。2000年シドニーオリンピック以来の出場の夢は叶わなかった。

気分屋で気性の激しい性格とされており、その点が彼が伸び悩んだ大きな要因とされている。2010年夏に9年間在籍したシクサーズから放出されて以降、サクラメント・キングスヒューストン・ロケッツミルウォーキー・バックスダラス・マーベリックスニューヨーク・ニックスと1年ごとに移籍するなど、すっかりジャーニーマンに落ち着いた感がある。

プレースタイル[編集]

年々オフェンス力も向上しているが、ディフェンスで貢献するタイプの選手で、30分に満たない出場時間で約10本のリバウンドと2本近いブロックショットを決める。だが、センターとしては線が細く、パワーのあるセンターにはまだ苦戦を強いられている。ファールの多さが問題となり、長時間プレーできないのが課題となっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]