サマリウムコバルト磁石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サマリウムコバルト磁石(サマリウムコバルトじしゃく、samarium-cobalt magnet)は、サマリウムコバルトで構成されている希土類磁石(レアアース磁石)である。サマコバ磁石と略されることもある。組成比の異なる SmCo5(1-5系)とSm2Co17(2-17系)がある。「1-5系」は高価なサマリウムの比率が高いため、「2-17系」の登場以降あまり用いられなくなってきた。硬度が低いためにもろい。1970年代前半に開発された。

最も強いネオジム磁石に次ぐ磁力を持つ。ネオジム磁石の方が性能がよいが、磁性がなくなる温度であるキュリー温度がサマリウムコバルト磁石の方が700度 - 800度と非常に高く、最大で摂氏350度程度までの環境でも使用できるため、高温での用途で用いられる。

水分が十分に飛んでいて表面が研磨されている状態であれば、低い温度で発火することがあるため火災に注意する必要がある。

属性[編集]

  • 強い磁力(サイズが大きいほど磁力は強い)
  • 高い耐腐食性
  • 良好な温度特性(最大使用可能温度は摂氏250度から350度、キュリー温度は700度から800度)
  • 密度 : 8.4g/cm³
  • 抵抗率 : 0.8×10-4Ω·cm
  • 熱膨張率(垂直方向) : 12.5 µm/(m·K)

関連項目[編集]