サポジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サポジラの木
Sapodilla tree.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: アカテツ科 Sapotaceae
: サポジラ属 Manilkara
: M. zapota
学名
Manilkara zapota (L.) P. Royen
和名
チューインガムノキ
英名
Sapodilla

サポジラ(学名:Manilkara zapota 英:Sapodilla)は新世界熱帯域に分布する常緑高木。メキシコ原産であり、スペインによる植民地化に伴いフィリピンに移入され広まった。和名はチューインガムノキ。メキシコガキともいう。

樹高は30-40mまで達し、 耐風性のある樹皮にはチクル(英:chicle)と呼ばれる白く粘り気のあるラテックスが多く含まれ、それはチューインガムの原料となる。葉は7~15cm程の卵形で光沢があり、枝に螺旋状に付く。花は先端部分が6つに分かれた釣鐘型の合弁花であり、花弁の色は白く、あまり目立たない。果実は直径4~8cm程になり、果皮の質感はジャガイモに似る。内部には2~10個程の種子があり、果肉は茶色、あるいは浅黄色で石細胞を含む。味は非常に甘く美味であり、キャラメル綿菓子に近い風味がある。種子は黒く、の種に近い形状をしており、飲み込むと喉に痞える事がある。

花は季節を選ばず咲き、球形や楕円形の果実は年に2回収穫可能であるが、未熟果にはラテックスタンニンが多く含まれる為、完熟するまでは収穫できない。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]