サネット (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サネット (HMS Thanet) はイギリス海軍駆逐艦S級

艦歴[編集]

1917・1918年計画の一部として1917年7月にホーソン・レスリー社に発注[1]。1917年12月13日起工、ドイツとの休戦6日前の1918年11月5日に進水[1][2]。1919年8月3日に就役し、最初は航空機の発射台のテストに用いられた[1]

第二次世界大戦[編集]

1939年9月3日の第二次世界大戦勃発時、サネットは中国艦隊に属し香港に配備されていた[1]。サネットの任務は哨戒やドイツの海上交通の遮断であり、10月には機雷敷設艦へ改装されることになった。工事は10月18日に香港で開始され、10月21日から27日には大嶼海峡への防御用の機雷原構築に参加し、その翌日には対潜水艦任務に戻った[1]

1939年の残りの期間や1940年も、香港の拠点に通商保護やドイツ艦船捜索に従事した[1]。1941年12月6日、日本との戦争のおそれからこの地域のイギリスの指揮官トーマス・フィリップス提督とアメリカのトーマス・C・ハート提督との間で話し合いが行われた。ハートは4隻の駆逐艦ホイップル、オールデン、ジョン・D・エドワーズ、エドサルをシンガポールへ送ることに同意し、フィリップスはサネットと同型艦のスカウトをシンガポールへ移動させることになった[3]

しかし事態の進展は早く、翌日には日本軍の真珠湾攻撃があり、12月8日には香港攻撃が始まった。サネットとスカウトは日本軍の攻撃開始1時間後に急いで脱出し、東洋艦隊に加わるためシンガポールへと向かった[4][5]。シンガポールには12月13日に到着し、2隻はさまざまな護衛任務に従事した[1]

沈没[編集]

1942年1月26日、マレー軍 (Malaya Command) は、日本軍の兵員輸送船団がエンドウに接近しているとの情報を得てハドソン9機とヴィルデビースト12機により攻撃を試みた[6]。だが、5機のヴィルデビーストを失ったうえ目立った損害は与えることができなかった。日本軍の指揮官小沢治三郎中将は2隻の巡洋艦がシンガポールに存在するとの情報を得ており、エンドウ沖に兵力を集結させていた[6]。2隻の巡洋艦とは実際にはサネットと駆逐艦ヴァンパイアであり、航空攻撃の失敗後にマレー軍が2隻に船団攻撃に向かうよう命じていた。2隻は1月26日午後4時30分にシンガポールから出撃したが、それぞれ魚雷は3本しか搭載していなかった[6][7]。1月27に早朝、サネットとヴァンパイアは日本軍の護衛部隊と遭遇した。それは3隻の駆逐艦であり、あとから軽巡洋艦川内も加わった。サネットは機関室に被弾して航行不能となり沈み始めた[6]。ヴァンパイアは煙幕をはろうとするも激しい砲撃によって追い払われ、何とか逃走した[6]。サネットはその少し後に沈没し、多数の死者を出した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Mason. “HMS THANET - Old S-class Destroyer”. 2010年1月16日閲覧。
  2. ^ Colledge. Ships of the Royal Navy. p. 349. 
  3. ^ Field. Royal Navy Strategy in the Far East. p. 225. 
  4. ^ Banham. We Shall Suffer There. p. 4. 
  5. ^ Stanford. Roses in December. pp. 103–4. 
  6. ^ a b c d e Swain. A Chronology of Australian Armed Forces at War 1939-45. p. 125. 
  7. ^ a b Warren. Britain's Greatest Defeat: Singapore 1942. pp. 189. 

参考文献[編集]