サナイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サナイン
Սանահին
サナインの位置
サナイン
座標: 北緯41度05分17秒 東経44度40分05秒 / 北緯41.087924度 東経44.667985度 / 41.087924; 44.667985
アルメニア
地方 ロリ地方
標高 1,016m (3,333ft)
等時帯   (UTC+4)
 - 夏時間   (UTC+5)

サナインアルメニア語: Սանահին: Sanahin)は、アルメニアロリ地方北部にある村。旧ソ連時代に設けられたとされるケーブルカーで、断崖絶壁を隔てたアラヴェルジと結ばれているため、現在はアラヴェルジ市の一部とみられている。10世紀に建立され、近くのハフパット修道院とともに世界遺産に登録されているサナイン修道院で有名。

ゆかりの人物[編集]

サナインは有名なミコヤン兄弟の生地でもある[1]。弟のアルチョム・ミコヤンは航空機の設計士で、MiGの父のひとりであり、兄のアナスタス・ミコヤンはソ連の政治局委員を長年務めた。アナスタスは独ソ不可侵条約交渉に関与し、ヨシップ・ブロズ・チトーユーゴスラヴィアとの関係改善を目的とするソ連代表団のメンバーになったほか、キューバ危機の交渉にも尽力した。かつての校舎を活用して、兄弟の親戚が運営するミコヤン博物館に足を止める観光客もいる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rediscovering Armenia

参考文献[編集]

  • Brady Kiesling, Rediscovering Armenia