サッポー詩体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サッポー詩体サッフォー詩体、-したい、またはサッポー風スタンザSapphic stanza or Sapphic meter, Sapphic verse)は、4行からなる詩形。名称は古代ギリシア詩人サッポー(サッフォー)に由来する。

構造[編集]

最初の3つの行は、1行が11音節からできていて、その並びは、トロキー(長短格、強弱格)、トロキー、ダクティル(長短短格、強弱弱格)、トロキー、トロキーである。最後の行は、アドニス風詩行(Adonic or adonean line)として知られる、ダクティル、トロキーから成る行となる。

- u -  x  - u u -   u - x
- u -  x  - u u -   u - x
- u -  x  - u u -   u - x
       - u u - x

(「-」は母音の長い(アクセントの強い)音節。「u」は短い(弱い)音節。「x」はどちらでもよい音節、つまりアンケプス

サッポーはサッポー詩体で有名だが、自分の詩にさまざまな韻律形式を使っていた。またサッポー詩体をサッポーが発明したのか、それともそれ以前からアイオリス方言en:Aeolic Greek)に伝統的にあったのかは定かではない。

他の詩人たちの使用[編集]

サッポーの同時代人・同国人だったアルカイオスもサッポー詩体を使っていた。

ローマの詩人カトゥルスはサッポーの作品を尊敬し、2つの詩(en:Catullus 11en:Catullus 51)をサッポー詩体で書いた。「51」はサッポーの詩「31」のおおざっぱな翻訳である。ホラティウスも『頌歌』(en:Odes (Horace))のいくつかでサッポー詩体を使っている。

英語詩では、アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーンがその名も『Sapphics』という詩の中でサッポー詩体を真似ている。

Saw the white implacable Aphrodite,
Saw the hair unbound and the feet unsandalled
Shine as fire of sunset on western waters;
Saw the reluctant. . .

アレン・ギンズバーグもサッポー詩体を使った。

Red cheeked boyfriends tenderly kiss me sweet mouthed
under Boulder coverlets winter springtime
hug me naked laughing & telling girl friends
gossip til autumn

外部リンク[編集]