サックス・ローマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サックス・ローマーSax Rohmer1883年2月15日1959年6月1日)はイギリスバーミンガム生まれの作家第二次世界大戦以降はニューヨークに在住。本名、アーサー・ヘンリー・サースフィールド・ウォード(Arthur Henry Sarsfield Ward)。別名にマイクル・フーリー(Michael Furey)。

怪人フー・マンチュー博士の生みの親として名高い。

デビュー作は、1903年に『Pearson's Weekly』に発表された短編小説「The Mysterious Mummy」。

フー・マンチュー博士シリーズ[編集]

匿名で執筆した「Pause!」が1910年に発表されたのを皮切りに、『ストーリー・テラー』誌に最初のフー・マンチュー博士シリーズ「The Mystery of Dr. Fu Manchu」を1912年から1913年に10回にわたり連載。翌年にはそれをまとめた「フー・マンチュー博士の謎(怪人フー・マンチュー)」がメシュエン社より刊行された。

ロンドン警視庁のデニス・ネイランド・スミス卿と彼の友人である化学者ペトリー博士が、東洋人による世界征服と帝国建設を目指して暗躍する怪人フー・マンチュー博士と対決するスピード感あふれる物語は、あっというまに大人気シリーズとなった。またこのシリーズはアメリカの『コリアーズ』誌でも連載され、爆発的な人気を集めた。この大ヒットによってローマーは1920年代から30年代にかけてもっとも高収入を得た作家のひとりとなった。

オカルト探偵モーリス・クロウ[編集]

ローマーが創造した他のキャラクターには、オカルト探偵モーリス・クロウがいる。 本業は骨董品店主で、山高帽に金縁眼鏡、黒い絹のマフラーにブーツという出で立ちの老紳士である。犯罪現場で持参した赤い絹のクッションを枕にして眠り、そこで見た夢で事件の真相を透視する。