サシバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サシバ
Butastur indicus.jpg
サシバ Butastur indicus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト
Status jenv VU.png
[1]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: サシバ属 Butastur
: サシバ B. indicus
学名
Butastur indicus (Gmelin, 1788)
和名
サシバ
英名
Grey-faced buzzard
飛翔するサシバ

サシバ(差羽、鸇、Butastur indicus)は、タカ目タカ科サシバ属に分類される鳥。別名大扇(おおおうぎ)。

分布[編集]

中国北部、朝鮮半島、日本で繁殖し、秋には沖縄・南西諸島を経由して東南アジアニューギニアで冬を越す。一部は沖縄・南西諸島で冬を越す。日本では4月ごろ夏鳥として本州、四国、九州に渡来し、標高1000m以下の山地の林で繁殖する。

形態[編集]

全長は、雄はおよそ47cmで雌はおよそ51cm。翼開長105cm-115cm。

雄の成鳥は、頭部は灰褐色で、目の上の白い眉斑はあまりはっきりせず、個体によってはないものもいる。体の上面と胸は茶褐色、のどは白く中央に黒く縦線がある。体下面は白っぽくて腹に淡褐色の横縞がある。雌は眉斑が雄よりも明瞭で、胸から腹にかけて淡褐色の横縞がある。まれに全身が黒褐色の暗色型と言われる個体が観察される。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
コウノトリ目 Ciconiiformes
タカ小目 Accipitrida
タカ科 Accipitridae
タカ亜科 Accipitrinae

生態[編集]

主にヘビトカゲカエルといった小動物、セミバッタなどの昆虫類を食べる。稀にネズミや小型の鳥等も捕らえて食べる。人里近くに現れ水田などで狩りをする。

本種は鷹の渡りをみせる代表的な鳥である。秋の渡りは9月初めに始まり、渡りの時には非常に大きな群れを作る。渥美半島伊良湖岬鹿児島県佐多岬ではサシバの大規模な渡りを見ることができる。なお春の渡りの際には秋ほど大規模な群れは作らない。

サシバの渡り[編集]

  • 本州の中部地方以北で繁殖したサシバは第1番目の集団渡来地、伊良湖岬を通り、別のサシバと合流して鹿児島県佐多岬に集結する。
  • 大陸の高気圧が南西諸島に張り出し、風向きが北寄りに変化したときに南下飛行を開始する。
  • 第3の渡来地、徳之島で休息する。
  • 第4の渡来地、宮古群島で休息する。一部は沖縄本島、周辺の離島で休息する鳥もいる。
  • 第5の渡来地、台湾の満州郷で休息する。
  • 第6の渡来地、フィリピンのバタン諸島で休息する。
  • フィリピン、インドネシアまで広がって越冬する。
  • 南西諸島でのピークは10月12日から18日である。
  • 平均時速は約40キロ、一日の平均距離は480km前後である。
  • 朝の飛び立ちは6時ころ、その日の18時まではすべて休息地に入る。
  • ノンストップでは12時間飛び続ける。
  • 越冬する鷹もいる。宮古諸島では「落ち鷹」という。

[2]

人間との関係[編集]

宮古島では渡りのサシバを捕らえて食べる文化があった。夜、木に登り、樹上で眠っている本種の足を握り、捕えていた。また、子どものおもちゃとしても用いられることもあった。 現在の日本では禁猟であり、捕えると処罰対象となる。 宮古島においては、サシバが飛来する季節には、周知のためのポスターの掲示やパトロール班による見回りが行われる。

まれに鷹狩に用いられた。

注釈[編集]

  1. ^ 2006年12月の環境省鳥類レッドリスト改訂によるランク上げ(レッドリスト新旧対照表
  2. ^ サシバを追う 宮古の野鳥たち (2003) 久貝勝盛 みえばし印刷 ISBN 4-944199-10-4

外部リンク[編集]