サクリファイス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サクリファイス
Offret
監督 アンドレイ・タルコフスキー
脚本 アンドレイ・タルコフスキー
製作 カティンカ・ファラゴー
製作総指揮 アンナ・レーナ・ウィボム
音楽 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
編集 アンドレイ・タルコフスキー
ミハウ・レシチロフスキー
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 スウェーデンの旗 1986年5月9日
日本の旗 1987年4月25日
上映時間 149分
製作国 スウェーデンの旗 スウェーデン
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 スウェーデン語
英語
フランス語
テンプレートを表示

サクリファイス』(英語題: The Sacrifice, スウェーデン語題: Offret)は、1986年ロシア人映画監督のアンドレイ・タルコフスキーが制作したスウェーデン映画である。

解説[編集]

当作品は1986年の第39回カンヌ国際映画祭において絶賛され、審査員特別グランプリを初めとする4賞を独占して受賞した。しかしタルコフスキーはこの映画の完成後、病床に伏し、同年暮に故国にも戻れぬままパリで亡くなり、遺作となった。

あらすじ[編集]

舞台はスウェーデンゴトランド島。舞台俳優の名声を捨てたアレクサンデルは、妻アデライデと娘マルタ、息子の少年(喉の手術をしたため、映画の最後まで口をきけない設定)と暮らしている。家には小間使いのジュリア、召使いのマリアもいる。アデライデは夫への不満を抱き、夫婦は不仲である。今日はアレクサンデルの誕生日。彼は”子供”と一緒に枯れた松の木を植え、枯れた木に3年間水をやり続けて甦らせた僧の伝説を話す。

その日、郵便局員オットーや医師ヴィクトルといった友達も交えて誕生会を開くことになっていた。オットーが持ってきたプレゼントの古い地図が高価だからと辞退するアレクサンデルに、犠牲がなければプレゼントではないとオットーが言う。

白夜の屋外に、アレクサンデルは自宅そっくりの小さな家を見つけるが、帰宅途中のマリアに、それが子供が誕生日のプレゼントに作ったものだと教えられる。子供は自宅の2階のベッドで眠っていた。アレクサンデルが階下に降りると、サロンにあるテレビが突然、核戦争が勃発し非常事態となったことを伝えた。しかし停電により外部との連絡が途絶えてしまい、人々はパニックに陥った。 アデライデはヴィクトルから鎮静剤を打たれ、自分の願望といつも逆のことをしてきたと語る。彼女は子供を起こそうとするがジュリアに止められる。アレクサンデルはヴィクトルの持ち物にピストルがあるのを見つける。子供は眠っている。その頃ヴィクトルの前でマルタが衣服を脱いで彼を誘っている。

神を信じなかったアレクサンデルが初めて、家族も家も自分の持つ総ての物を放棄するから愛する者を守ってほしいと神に祈り、力尽きてソファに倒れ込む。眠っていたのを起こしたオットーから「実は魔女のマリアと寝なければ世界は救われない」と教えられると、アレクサンデルはマリアの家を訪ねた。アレクサンデルが語る母の思い出を、だまって聞いているマリア。マリアの前でピストルをこめかみに当て、救ってほしいと訴えるアレクサンデル。2人は抱き合った。

翌朝、アレクサンデルが目覚めると、電力は通じておりいつものようにオーディオセットで海堂道宗祖のテープを聴くことが出来た。それどころか、テレビをつけると核戦争自体が全く無かったことになっていた。

何事もなかったように朝が訪れたのを、アレクサンデルは自分が魔女と寝たからだと、そしてそのことを教えてもらえたのはこれから自分が払う犠牲のおかげだと考えた。彼は神に約束した通り、犠牲を捧げることを始める。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:アンドレイ・タルコフスキー
  • 製作:カティンカ・ファラゴ
  • 製作総指揮:アンナ=レーナ・ヴィボム
  • 脚本:アンドレイ・タルコフスキー
  • 撮影:スヴェン・ニクヴィスト
  • 音楽:
J・S・バッハマタイ受難曲』よりアリア憐れみ給え、わが神よ」(独唱:ユリア・ハマリ)
海童道祖による法竹の音楽
スウェーデンの民俗音楽 ほか
  • 編集:アンドレイ・タルコフスキー

映画からの影響[編集]

作家・柳田邦男は著書『犠牲(サクリファイス) わが息子・脳死の11日』(文藝春秋1995年ISBN 978-4-16-350490-2)で次のような事を書いている。

次男は生前、バッハの『マタイ受難曲』を気に入って何度もレコードで聴いていた。またタルコフスキーのこの映画『サクリファイス』にも傾倒していた。
その後、自殺を図った次男は治療の甲斐なく脳死状態となり、移植のため腎臓の摘出手術を受けた。深夜に柳田が次男の遺体とともに帰宅して間もなく、長男がこの時間に偶然にNHK衛星放送で『サクリファイス』が放送されているのに気付いてテレビのスイッチを入れると、映画の終盤の場面が映り、そのBGMは『マタイ受難曲』のアリア「憐れみ給え、わが神よ」であった。

エピソード[編集]

  • 最後の家屋が全焼するシーンは撮影中にカメラが止ってしまったため、セットをすべて作り直し再撮影された。

外部リンク[編集]