サクリファイス 〜神々の咆哮〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サクリファイス 〜神々の咆哮〜』(サクリファイス・かみがみのほうこう、英名:Sacrifice)は、2000年にインタープレイ・エンターテイメントからWindows 98向けに発売されたRTSである。日本語版の作成・販売は株式会社ズーによって行われ、2001年に発売されている。

概略[編集]

ジャンルはRTSだが、内容は今まで発売されていたどのRTSとも違ったものになっている。

RTSといえば『エイジ オブ エンパイア』や『スタークラフト』等の斜めから見下ろした視点で生産設備の建設、ユニットの作成、行動の命令等を行うのが一般的だが、『サクリファイス』は主人公であるWizardの視点でプレイをしていく。生産設備の建設等は行わず、プレイヤーに求められるのはマナリス(マナの泉に建設出来るマナ供給設備)の建設、保有ソウルを使ったクリーチャの召喚、Wizard自身のスペル(魔法)の使用・移動・攻撃。

要するに生産設備の建設オーダーやユニットの生産量の把握等の複雑な要素をとっぱらった、RTS要素よりもアクション要素が非常に強いRTS。

ゲームプレイ[編集]

プレイヤーはWizardを背後から見るような視点でwizardを操作する。ゲーム開始時、マップ上に複数のマナの泉、自身のWizardの祭壇とWizard、敵対するWizardの祭壇とWizardが配置される。祭壇とはWizardの本拠地。Wizardは祭壇が建設された地域(マップ)でしか活動ができない。つまりこの祭壇を破壊することがゲームの勝利条件となる。また、マナの泉とはWizardの魔法の源である「マナ」を放出している泉。manalithと呼ばれる建物を建設することで、Wizardに常にマナを供給するようにすることができるようになる。

Wizardはスペルを使うことで、敵対するWizardやクリーチャ等で攻撃をおこなったり、Wizard自身や自軍のクリーチャを回復したり強化することができる。また、クリーチャの召喚もWizardのスペルとして行う。ストーリー後半に習得するスペルには非常に強力で広い範囲の敵・味方を攻撃するスペルが習得できる(例:volcano(火山)、tornadoes(竜巻))。

クリーチャを召喚する際にはマナの他に「ソウル」と呼ばれる別の要素が必要になる。ソウルとは「魂」のことであり、Wizardは複数のソウルを使い、強力なクリーチャを呼び出す。ソウルはゲーム開始時は少ししか所有していないが、中立クリーチャの殺害、敵クリーチャの殺害で出現する浄化されていないソウルを浄化することで、所有量を増やすことができる。

Wizardが使用できるスペル、召喚できるクリーチャはそれぞれ50種類を超える量が存在している。

スペル、クリーチャはゲーム中に登場する5つの神の性質に沿ったデザインで作成されている。

  • Persephone(パーセフネ) : 生命の神。 回復スペル、敵対するクリーチャを味方に引き込むスペル、味方を回復・強化するクリーチャ。
  • Charnel(チャーネル) : 争いを司る神。パーセフネの反対の性質を持つ。敵味方問わず一撃で殺してしまう死神を召喚するスペル、毒を使った攻撃を行うクリーチャ。
  • James(ジェームス) : 大地の神。岩を大砲のように飛ばすスペル、巨岩を飛ばすクリーチャ。
  • Stratos(ストラトス) : 風の神。凍結や竜巻等、敵の行動を著しく制限するスペル、攻撃するたびに敵を凍結させるクリーチャ。
  • Pyro(パイロ) : 火の神。マップ上に火山を出現させる等強力・広域なスペル、機械化され攻撃力が高まったクリーチャ。

プレイヤーはWizardをキーボードの↑↓←→で操作し、マウスでスペルの対象やクリーチャの移動先等を指定する。

スペル・ユニット[編集]

外部リンク[編集]