サガン -悲しみよ こんにちは-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サガン -悲しみよ こんにちは-
Sagan
監督 ディアーヌ・キュリス
脚本 ディアーヌ・キュリス
マルティーヌ・モリコーニ
クレール・ルマレシャル
出演者 シルヴィー・テステュー
音楽 アルマン・アマール
撮影 ミシェル・アブラモヴィッチ
編集 シルヴィ・ガドゥメール
配給 ショウゲート
公開 フランスの旗 2008年6月11日
日本の旗 2009年6月6日
上映時間 122分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

サガン -悲しみよ こんにちは-』(原題:Sagan)は2008年フランス映画。ベストセラー作家のフランソワーズ・サガンの波乱万丈の人生を描いた伝記映画

ストーリー[編集]

1954年、フランソワーズ・コワレーズ(=サガン)は18歳の若さで小説『悲しみよこんにちは』を出版し、ベストセラー作家となり、莫大な富と名声を得る。次々と話題作を出版するサガンであったが、連日友人と豪遊したり、自動車事故を起すなどして私生活は乱れていった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ディアーヌ・キュリス
  • 脚本:ディアーヌ・キュリス、マルティンヌ・モリコニ、クレール・ルマレシャル
  • 撮影:ミシェル・アブラモヴィッチ
  • 衣装:ナタリー・デュ・ロスコー
  • 作曲:アルマンド・アマール
  • 美術:マキシム・ルビエール
  • 編集:シルヴィ・ガドゥメール
  • 録音:トミニク・ルヴェール、ギヨーム・ブシャトー、クリスチャン・フォンテーヌ
  • キャスティング:ジェラール・ムレヴリエール
  • 装飾:アレクサンドラ・ラッセン

外部リンク[編集]