サウード・アル=ファイサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウード・アル=ファイサル, 2012

サウード・アル=ファイサル・ビン・アブドルアズィーズ・アール=サウードアラビア語: سعود الفيصل بن عبد العزيز آل سعود‎、Saud Al-Faisal bin AbdulAziz Al-Saud、1940年 -)は、サウディアラビアの王族、政治家。現サウディアラビア外務大臣。日本語メディアでは「サウド外相」と表記されることが多い。

経歴[編集]

1940年ターイフに生まれる。1964年、プリンストン大学を卒業。1971年から石油・鉱物資源副大臣をつとめ、1975年10月13日外相に任命され、現在までつとめている[1]

家族[編集]

父はサウディアラビア第3代国王ファイサル。1997年から2001年までサウジアラビア総合情報庁長官をつとめたトゥルキー・アル=ファイサル英語版アラビア語版は弟。息子が3人、娘が3人いる。[2]

脚注[編集]

  1. ^ The Royal Embassy of Saudi Arabia Homepage”. 2012年9月19日閲覧。
  2. ^ صاحب السمو الملكي الأمير سعود الفيصل وزير الخارجية”. المملكة العربية السعودية وزارة الخارجية. 2012年9月25日閲覧。