サウンドハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社サウンドハウス
Sound House Incorporated
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
286-0825
千葉県成田市新泉14-3
設立 1994年
業種 卸売業
事業内容 業務用音響機器、楽器・照明機器の輸入、及び販売
代表者 代表取締役 高坂昌信
資本金 3億9,000万円
従業員数 140名
外部リンク http://www.soundhouse.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社サウンドハウスは、千葉県成田市にある、業務用音響機器、楽器舞台照明機器の輸出入、及び販売を手がけるディーラー、ディストリビューターである。1993年創立、1994年に設立。

概要[編集]

同社は日本国内において音響照明機器の通信販売大手企業である[1]。また、同社の売り上げの約7割を通信販売が占めている。ベリンガーRØDEマイクロフォンエティモティック・リサーチCARVINDean Zelinsky英語版Pearl River英語版などの代理店を務める。

CLASSIC PRO(音響機器)、STAGE EVOLUTION(ステージ機器)、ZENN(アコースティック楽器)、PLAYTECH(電気楽器LED照明機器)といった独自ブランドも展開する。これらブランドは、明示されてはいないが実質いわゆる「自社ブランド」であり、メーカーからのOEMである。

2008年サーバークラッキングされ延べ97,500名分のクレジットカード番号を含む個人情報が流出した。事件の経緯を公にした結果、ユーザーからは応援メッセージも届いたが、クレジット会社からは加盟店契約を解除された[1]

2009年、成田市不動ヶ岡より、成田市新泉(野毛平工業団地内)に、事務所、ショールーム、及び物流倉庫を移転した。同年成田市にある中台運動公園ネーミングライツを取得、「サウンドハウススポーツセンター」として、2013年度(2014年3月末)まで5年間3500万円で契約を結んだが、2011年2月18日、前年開催のマラソン大会の応募パンフレットで、本来命名権名称のみを使うべきを正式名も併記したことで、成田市に対し契約違反があったと指摘。契約期間3年を残し、2010年度末を持って契約を破棄した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]