サウンドノベルツクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウンドノベルツクール
ジャンル サウンドノベル製作ツール
対応機種 スーパーファミコン
開発元 サクセス
発売元 アスキー
プロデューサー 川村篤
ディレクター 池田国人
高見大三郎
シナリオ 寺田憲史(サンプルゲーム)
プログラマー 笹瑞穂
小嶋俊晴
音楽 有坂光弘
美術 今正史
シリーズ サウンドノベルツクールシリーズ
人数 1人
メディア 24メガビットロムカセット
発売日 1996年5月31日
デバイス ターボファイルツイン対応
8Mメモリーパック対応
テンプレートを表示

サウンドノベルツクール』は、株式会社 アスキーから発売されたサウンドノベル制作ソフト1996年5月31日スーパーファミコン用ソフトとして発売された。後にプレイステーションセガサターン用ソフトとして続編も発売されている。

概要[編集]

RPGツクールなどと同じ、「アスキーツクールシリーズ」の1つとして発売された。

様々な命令画像音楽を組み合わせてオリジナルのサウンドノベルを制作することができる。画像、音楽はあらかじめ用意されたものの他、自分で作ったものも使用できる。

サテラビュー対応で、衛星データ放送を介して新しい素材をダウンロードすることができた。同社の発売した音楽製作ツールソフト『音楽ツクール かなでーる』(1996年)で作曲したBGMを使うことも可能。

ターボファイルツインあるいはサテラビュー用メモリーパックにデータを保存することができる。

本作には参考用としてサンプルゲームが1本収録されている。

本作の発売元であるアスキー主催の「第2回アスキーエンターテインメントソフトウェアコンテスト」では本作も選考対象ソフトとして採用されている。

ゲーム内容[編集]

本作では背景画像、音楽、効果音、演出効果などを設定し、それらとテキストを組み合わせる事でサウンドノベル作品が製作できるようになっている。また、ゲームソフト『かまいたちの夜』(1994年)のように人物像をシルエットで表示する事も出来るようになっている。

本作には背景グラフィックが60種類、人物シルエットが28種類、演出効果が7種類、BGMが60種類、SEが256種類用意されている[1]

背景グラフィック
8種類のカラーから選択できるようになっており、他にも横スクロールやラスタースクロール、振動やフラッシュなどの効果が設定できるようになっている。背景の一つである洋館は、東京都新宿区信濃町にある「デ・ラランデ邸」が使用されている[2]
シルエットグラフィック
男性、女性、子供の他に妖精なども含まれており、カラーバリエーションは8種類用意されている。
演出
降雨、降雪、人魂、落雷、飛び散る液体、斬られる、流れる液体の7種類が存在し、それぞれ8種類のカラーバリエーションがある。
BGM
シリアスな曲から明るい曲調のもの、短いジングルなどが収録されている。
SE
雷鳴や風、歩く靴音、笑い声、電話、車の走行音などが収録されている。

サンプルゲーム[編集]

「サウンドノベル劇場 夏の樹に棲む妖精(ニンフ)」
シナリオは寺田憲史が担当している。前編・後編からなる。

ストーリー[編集]

主人公は8歳の夏休みに、親戚の叔父の家で「夏樹」という妖精と出逢う。彼女に惹かれる主人公であったが、父親の仕事の都合で叔父の家から帰宅する事となり、彼女とは会えなくなってしまう。10年後、彼女から主人公あてに電子メールが送られてきて、「想い出の樹の下でまた会いたい」という内容だった。主人公は夏休みを利用して夏樹のいる山へと向かう。

主な登場人物[編集]

主人公
名前は設定されておらず、入力もできない。
18歳の高校3年生。童貞であることをコンプレックスに思っており、早く大人になりたいと願っている青年。
パソコン通信で「いい音五人衆」というハンドルネームを名乗っていたが、それが原因で昔出会った少女と再会することになる。しかし…
夏樹(なつき)
主人公が幼い頃に出会った謎の少女で、彼のファーストキスを奪った相手。パソコン通信を介して主人公に、また会いたいと誘うが…

スタッフ[編集]

ソフト製作
  • 企画・制作
    • 株式会社アスキー(ログインソフト編集部)
      • プロデューサー:川村篤
      • ディレクター:池田国人、高見大三郎
      • スーパーバイザー:青山豊
      • サウンドディレクター:有坂光弘
  • プログラム
    • 株式会社サクセス
      • スーパーバイザー:吉成隆杜
      • プログラマー:笹瑞穂、小嶋俊晴
      • グラフィックデザイナー:今正史
      • グラフィック協力:宇井照子、町田孝幸
  • サウンドプログラム
    • 磯田重晴
パッケージイラスト
  • 山内真
サンプルゲームシナリオ

評価[編集]

ファミリーコンピュータMagazineの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、30点満点中21.2点となっている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.1 4.1 3.3 3.2 3.6 3.8 21.2

サウンドノベルツクール2[編集]

サウンドノベルツクール2
ジャンル サウンドノベル製作ツール
対応機種 PlayStation
開発元 サクセス
発売元 アスキー
シナリオ 伊集院光(サンプルゲーム)
山口芳宏(サンプルゲーム)
植村更(サンプルゲーム)
週刊ファミ通編集部(サンプルゲーム)
シリーズ サウンドノベルツクールシリーズ
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1997年9月25日
デバイス マウス対応
テンプレートを表示

1997年9月25日プレイステーション用ソフトとして発売。また同年の12月18日に、セガサターン版も発売されている。仕様はほぼ同じだが、後者はセガサターン用キーボードも使用できる。

前作同様にサンプルゲームが収録されており、本作では4種類収録されている。

ゲーム内容[編集]

サンプルゲーム[編集]

青春アドベンチャー「卒業証書」
TBSラジオの番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』との連動企画によって生まれたサンプルゲームで、前編と、4種類の後編からなる。
番組中にストーリーを紹介し、リスナーが話の続きを応募するという形で製作された。3000通以上に及ぶ応募の中から、伊集院光自らがストーリーを作成しており、27通りの結末が用意されている。
スリル&サスペンス「地下の記憶」
前後編からなるシナリオ。説明書では「本ソフトで実行できる命令をバランスよく配置したゲーム」と唄われている。
ラブ&アドベンチャー「おもいでの花」
恋愛アドベンチャーゲームを意識したシナリオ。ストーリーは基本的に一本道だが、結末は複数用意されている。
コミカルアドベンチャー「逆版パラダイス」
雑誌週刊ファミ通のスタッフがリレー形式で執筆した物語で、「A」と「B」の2種類のバージョンが用意されている。分岐内容は全て違うスタッフが担当しており、「行き当たりばったりのシュールなゲーム」と銘打たれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「第四幕 データ一覧」『サウンドノベルツクール 公式ガイドブック』 アスペクト1996年6月28日、73 - 107頁。ISBN 9784893665393
  2. ^ 取り扱い説明書、58項。
  3. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 215頁、 ISBN 雑誌26556-4/15