サウンズ・オブ・ブラックネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウンズ・オブ・ブラックネス
基本情報
別名 SOB
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州 セントポール
ジャンル アーバン・コンテンポラリー・ゴスペル/ゴスペル, R&B
活動期間 1969年 - 現在
共同作業者 アン・ネズビー
ジェイムズ・“ビッグ・ジム”・ライト
パリス・ベネット

{{{Influences}}}

サウンズ・オブ・ブラックネス(Sounds of Blackness)は1969年に結成されたアメリカのアーバン・コンテンポラリー・ゴスペルアンサンブル・グループ。SOBと略される。

1991年に人気の音楽プロデューサー・ユニット、ジャム&ルイスによりアルバム・デビュー。

来歴[編集]

1969年にラッセル・ナイトンによりミネソタ州セントポールマカレスター大学にて結成。当初はマカレスター・カレッジ・ブラック・ヴォイセスと名乗っていた。1971年にディレクターのゲイリー・ハインズがアンサンブルの統制をとり、サウンズ・オブ・ブラックネスと公式的に名を改めた。40人を超す大所帯グループでリード・ヴォーカルは長らくアン・ネズビーであった。人気を得るにつれ、いくつかのレーベルから契約の話が持ち上がったが、様々な理由により長らくレコード・デビューすることはなかった。「大所帯のグループであったり、ショウの形態や内容からレコード化が無理であったのだろう」と、後にデビューする際にハインズが語っている。[1]

プロデューサー・ユニット;ジャム&ルイスと1980年代半ばに関わりを持った。彼等は1991年にA&Mの配給の元、パースペクティヴ・レコードを創設。このレーベルより結成から20年を経てようやくデビュー・アルバムThe Evolution of Gospelを発表ことができた。順調にアルバムを発表していくが、リード・ヴォーカルのアンが1996年春にソロ・アルバム・デビューをし、同年の夏のツアー後にこのグループから抜けた。[1]

パートナーだったジャム&ルイスは1999年にパースペクティヴをA&Mに売却し、レーベル閉鎖してしまう。彼等は新たにレーベルを立ち上げる事となる。

以後はマイナー・レーベルや自主レーベルよりアルバムを発表している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

Release date Album Label
1991.05.07 The Evolution of Gospel Perspective Records
1992.10.20 The Night Before Christmas: A Musical Fantasy Perspective Records
1994.04.19 Africa to America: The Journey of the Drum Perspective Records
1995.08.10 Journey of the Drum: Remix Collection Universal/Polygram Records
1997.05.06 Time for Healing Perspective Records
1999.09.28 Reconciliation Zinc Records
2001.10.23 Very Best of Sounds of Blackness A&M Records
2002.11.26 Soul Symphony Sounds of Blackness Records
2004.10.26 The Night Before Christmas, Vol. 2 Atomic K Records
2005.07.26 Unity Lightyear Records
2007.09.11 Kings and Queens: Message Music from the Movement Atomic K Records

リファランス[編集]

  1. ^ a b liner notes form Time for Healing (POCM-1207)