サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"South African Solar Challenge 2010"のルート
ケープタウンのテーブルマウンテン付近を走行する東海大学のソーラーカー「Tokai Challenger」。"South African Solar Challenge 2010"でチーム二連覇を達成。
東海大学のソーラーカー「Tokai Falcon」。第1回の"South African Solar Challenge 2008"で優勝した。
インパラに注意! (SASC 2008の3日目)

サウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジ (South African Solar Challenge)は、南アフリカ共和国で開催される代替燃料車による自動車レースである。出場クラスにはハイブリッド車、電気自動車ソーラーカーバイオ燃料自動車がある。第1回大会は2008年に開催され、それ以降2年ごとに開催される。レースの距離は4,000 km (2,500 mi)を超える。レースのルートは年ごとに変化するが、ヨハネスブルグケープタウンダーバンを経由し、プレトリアで終えるよう計画される。

目的[編集]

第1の目的は、南アフリカを横切るソーラーカーのデザイン、マネジメント、製作、そしてレースを行うことである。このチャレンジは、研究者、学生、独立したプライベータ、そして様々な産業と政府が、高い技術イベントを安全に運営するために、ともに行動する。

このレースは以下を推進する。

  • 再生可能エネルギー技術。(とくに太陽光発電/太陽電池技術)
  • 科学、技術、数学分野での優れた教育。
  • 広範な分野を横断する技術的、化学的な専門知識の創造的集積。
  • 大きく複雑なプロジェクトを実行するのに必要なマーケティング、ビジネス、マネジメントスキルの理解。
  • 技術的、創造的能力の開発とデモを行う、学生たちと技術者たちのための実践的な経験。
  • 環境意識。
  • チャレンジ、開発、テスト、そしてレースのすべての側面における安全。
  • スポーツマンシップ、フレンドシップと連携。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]