サイレンス (ジョン・ケージ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイレンス』 (Silence: Lectures and Writings) は、ジョン・ケージが1961年に著した書籍。

1939年から1961年にわたる音楽論、作品解説、詩、エッセイを集めたもの。著者のスタイルを反映して、さまざまな形式で書かれていることでも知られる。実験音楽についての有名な文章をはじめ、発明家だった父親についてや、人々との交流、キノコとの関わり、野外採集で集めたものを食べて死にかけた体験なども収録されている。

目次[編集]

  • 「はしがき」 "Foreword" (1961)
  • 「マニフェスト」 "Manifesto" (1952)
  • 「音楽の未来 クレド」 "The Future of Music: Credo" (1937)
  • 実験音楽」 "Experimental Music" (1957)
  • 「実験音楽/教義」 "Experimental Music: Doctrine" (1955)
  • 「プロセスとしての作曲」 "Composition as Process" (1958), essay in three parts:
    • 「変化」 "Changes"
    • 不確定性」 "Indeterminacy"
    • 「コミュニケーション」 "Communication"
  • 「作曲」 "Composition" (1952–1957), essay in two parts:
    • 「《易の音楽》と《心象風景第4番》で使われた作曲プロセスについて解説する」 "To Describe the Process of Composition Used in Music of Changes and Imaginary Landscape No. 4" (1952)
    • 「《ピアノのための音楽12-52》で使われた作曲プロセスについて解説する」 "To Describe the Process of Composition Used in Music for Piano 21-52" (1957)
  • 現代音楽を予見する」 "Forerunners of Modern Music" (1949)
  • 「アメリカ合衆国における実験音楽の歴史」 "History of Experimental Music in the United States" (1959)
  • エリック・サティ」 "Erik Satie" (1958)
  • エドガー・ヴァレーズ」 "Edgar Varèse" (1958)
  • 「ダンスについての4章」 "Four Statements on the Dance" (1939–1957)
    • 「目標/新しい音楽、新しいダンス」 "Goal: New Music, New Dance" (1939)
    • 「優美さと明快さ」 "Grace and Clarity" (1944)
    • 「今日では……」 "In This Day..." (1956)
    • 「2ページ、音楽とダンスについての123の言葉」 "2 Pages, 122 Words on Music and Dance" (1957)
  • ロバート・ラウシェンバーグについて」 "On Robert Rauschenberg, Artist, and His Work" (1961)
  • 「無についてのレクチャー」 "Lecture on Nothing" (1959)
  • 「何かについてのレクチャー」 "Lecture on Something" (1951)
  • 「ひとりの話し手のための45分」 "45' for a Speaker" (1954)
  • 「われわれはどこへ行くのか、そして何をするのか?」 "Where Are We Going? and What Are We Doing?" (1961)
  • 「不確定性」 "Indeterminacy" (1958)
  • 「音楽愛好家たちの野外採集の友」 "Music Lovers' Field Companion" (1954)

書誌情報[編集]

原書
  • Silence, Wesleyan University Press. (1961) 
翻訳