サイバーロボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイバーロボ
Robowar
監督 ヴィンセント・ドーン
脚本 ヴィンセント・ドーン
ロッセラ・ドルーディ
製作 フランコ・ガウデンツィ
出演者 レブ・ブラウン
音楽 アル・フェスタ
撮影 リカルド・グラセッティ
編集 ダニエル・アラビソ
配給 イタリアの旗 フローラ・フィルム
日本の旗 ヒューマックスピクチャーズ
公開 イタリアの旗 1988年
日本の旗 1989年9月9日
上映時間 95分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 英語
テンプレートを表示

サイバーロボ』(原題:Robowar又はRobot Da Guerra)は、1988年イタリア映画レブ・ブラウン主演のサバイバルアクション作品。

全編に渡り映画プレデター模倣した作品。ロボコップの要素も垣間見られる。

ストーリー[編集]

 アメリカの軍用ヘリが何者かによって撃墜される。マッシャーは、制御不能となり失踪した軍用ロボット、オメガワン捕獲の任務を下されたマーフィー・ブラック少佐率いるバム部隊に、技術アドバイザーとして同行することになった。マッシャーと合流したバム部隊の隊長ブラックは、彼に任務内容を尋ねるが目的地のに行くこと以外は明確な説明をしない。これにはブラックも疑念を抱かずにはいられなかった。島に到着した部隊はジャングルを進んでいくが、これから障害となるはずであったゲリラ死体が多数あった。部隊は全員拍子抜けしたが、誰もが幸先の良いスタートで切れたと思っていた。付近に到着した部隊は、ゲリラの人間狩り現場に遭遇する。そこで追われていた民間人女性、バージニアを救出し部隊と同行することとなる。彼女の話によると、自身はサンペドロの病院からコロナダの大虐殺があったとの知らせを受けて駆けつけたという。翌日、ゲリラに占領されたサンペドロの村付近に到着したブラックたちはマッシャーの「任務以外のことはするべきではない」との忠告を無視してゲリラ殲滅を開始する。あっという間にゲリラを全滅させたバム部隊だったが、村の子供たちが無惨に殺されていたことにバージニアは絶望し項垂れる。そんな中、一人見張りを任されていたソニー・ピールが何者かの砲撃で絶命する。村を脱出した部隊は黒いロボット兵器、オメガワンの姿を目撃する。親友のピールを殺されたガリーノは、我を忘れてその後を追うが、為す術なくオメガワンに殺害される。ガリーノの後を追っていたコーリー伍長が、ガリーノの右腕を発見し、部隊は全員で彼の死体を捜索するが遂に見つからなかった。その晩、ブラックはマッシャーからこの任務の本当の目的を聞き出す。マッシャーは自身が開発したオメガワンと、生身の肉体を持ったヒーロー、マーフィー・ブラック少佐の対決を待ち望んでいたと皮肉たっぷりに告げる。その翌日、部隊は歩いてを横断することになった。軍医のブレイが横断中、何かに足を引っ張られそのままどこかへ引きずられていってしまう。ブラックたちが泳いで彼を探すが見つからない。全員で下流を探すことに。一方、下流の岸部で目を覚ましたブレイは、ブラックたちを求めてジャングルを走る。お互いの声を頼りに探し合うが、ジャングルにはオメガワンの姿が。やっとの思いでブラックたちと合流したブレイだったが、オメガワンの触腕のようなものでまたもや連れ去られる。その後を追うブラックたちだったが、ブレイの悲鳴と共に無惨に変わり果てた彼の姿を目の当たりにする。意を決したブラックは、防御陣地を作ってオメガワンを誘き寄せる作戦に出る。しかし、オメガワンは仕掛けられた地雷を次々に破壊し、ブラックたちの元へ着実に近寄ってくる。マッシャーは一か八か、起爆装置でオメガワンの破壊を試みるが、至近距離でないと効果がないため、自らオメガワンの元へ。しかし後一歩のところで起爆を阻止されてしまい、マッシャーは殴り飛ばされ、仕掛けていた残りの地雷で爆死してしまった。見かねたコーリー伍長が起爆装置を取り返しに行くが、オメガワンの待ち伏せに遭い、死亡。もはや防御陣地に残っているのは危険だと判断したブラックは脱出する。しかし、クワンが残って戦うと言い、ブラックもそれを承知。必死で逃げるブラックとバージニアに、クワンの断末魔の叫び声が聞こえた。どこまでも追ってくるオメガワンから逃れるために、彼らは近くにある病院に身を潜めることにした。バージニアは、病院中の薬品を使って、病院自体を巨大な爆弾にする作戦を思い付く。準備の完了した時、ブラックはマッシャーから貰ったテープレコーダー再生した。マッシャーによると、オメガワンの正体は戦死したはずのブラックの戦友、マーティン・ウッドリング中尉だというのだ。感傷に浸る間もなく、オメガワンの魔の手が彼らに迫る。ブラックが見たオメガワンのは間違いなくマーティンのものだった。しかし、生き残るためにブラックはオメガワンを振り払い、バージニアの助けもあって、オメガワンから奪ったレーザーガンで病院ごと吹き飛ばした。浜辺に出たブラックとバージニアは必死でに助けを求めるが、何とまだ生きていたオメガワンにブラックは不意打ちを喰らう。ブラックはバージニアに舟まで逃げるよう言うと、ジャングルの滝壺辺りまで逃げてくる。オメガワンに追いつめられたブラックだったが、オメガワンはマッシャーの持っていた起爆装置をブラックに渡し、自分を破壊するように促す。再びオメガワンにマーティンの目を見たブラックは、複雑な思いをにスイッチを押した。オメガワンはブラックを滝壺へ飛び降りて逃げるよう指図すると、そのまま爆発した。ブラックは川を泳いで生還するのだった。

スタッフ[編集]

  • 監督:ヴィンセント・ドーン
  • 製作:フランコ・ガウデンツィ
  • 原案:クラウディオ・フラガッソ
  • 脚本:ヴィンセント・ドーン、ロッセラ・ドルーディ
  • 撮影:リカルド・グラセッティ
  • 音楽:アル・フェスタ
  • 編集:ダニエル・アラビソ
  • 特殊効果:フランチェスコ、ガエタノ・パオロッチ
  • アクションコーディネート:マッシモ・ヴァニ(アレックス・マクブライド)

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マーフィー・ブラック少佐 レブ・ブラウン 大塚芳忠
バージニア キャサリン・ヒックランド 深見梨加
マッシャー メル・デビッドソン 千田光男
クワン マックス・ローレル 屋良有作
ニール・コーリー伍長 ロマノ・プッポ 麦人
アーサー・ブレイ ジョン・P・ドゥラニー 仲野裕
ラリー・ガリーノ一等兵 アレックス・マクブライド 秋元羊介
ソニー・ピール ジム・ゲインズ 笹岡繁蔵
オメガワン(マーティン・ウッドリング中尉) クライド・アンダーソン 江原正士

関連項目[編集]

外部リンク[編集]