サイトウ・キネン・フェスティバル松本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイトウ・キネン・フェスティバル松本(略称=SKF、サイトウキネン)は、1992年から毎年8月、9月に長野県松本市で行われる音楽祭。

概要[編集]

指揮は主に小澤征爾が行う。これまで、ケント・ナガノ(1997年)、大野和士(2004年)、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(2005年)、アラン・ギルバート(2006年)、 広上淳一(2007年)、下野竜也(2008年)、ロバート・マンRobert Mann 2009年)らが客演した。

2010年は、小澤征爾の病気療養のため、オペラ公演をオメール・メイア・ヴェルバー (Omer Meir Wellber)[1][リンク切れ][2][3]、オーケストラ公演を山田和樹、下野竜也が指揮をする。小澤征爾は、オーケストラ公演の冒頭にてチャイコフスキー弦楽セレナーデ第1楽章のみを指揮する[4]

主な会場は2004年オープンしたまつもと市民芸術館長野県松本文化会館など。演目はオーケストラオペラ室内楽と幅広い。2010年の武満徹メモリアルコンサートは、武満が作曲した映画音楽(主にジャズ)のコンサートであった。この年以降、ジャズのプログラムも組まれるようになった。また、長野県内の小学6年生を子供向けコンサートに、中学1年生を青少年向けオペラに招待している。

主な会場へのアクセス[編集]

オーケストラ[編集]

桐朋学園大学で教鞭をとっていた齋藤秀雄に師事した演奏家、同大学出身の演奏家が集まり、音楽祭のために臨時に編成されるサイトウ・キネン・オーケストラ(略称=SKO)が演奏する。現在ではサイトウ・キネン・オーケストラの団員に師事したものが団員となることもある。東京で公演することもある。

名称変更問題[編集]

20回目の開催となる2011年以降、毎年、松本でのフェスティバル後、同内容の公演を海外で行うことを計画。これにあたり、「外国人にはなかなか理解できない」(小澤征爾)という「サイトウ・キネン」からの名称変更を検討し、2010年12月7日から22日まで、公式サイトで広く意見を募った。「参考意見として集約したうえで、2011年3月までに改めて発表する」としていたが、3月11日に東日本大震災が発生したこともあり、発表は延期された。2011年の松本での全公演が終了した翌日の9月1日に名称変更しない決定に至った旨を発表。オーケストラメンバーとして「フェスティバル名称、オーケストラ名称とも変更しない方がよい」との意見で統一され、総監督の小澤も了承したという。名称変更しない理由として、「徹底的に音楽を探求する」という齋藤の信念を継承することや、2010年のカーネギー・ホール公演で認知度が飛躍的に向上したことなどを挙げた。この後、実行委員会、理事会での協議を経て、2012年3月には正式決定された[5]

しかし2014年、実行委員会は2015年から名称を『セイジ・オザワ松本フェスティバル』に変更することで合意した[6]。名称変更後も小澤は総監督として続投し、楽団名も「サイトウ・キネン・オーケストラ」のまま変更しない[7]

主な公演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]