サイザルアサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイザルアサ
Plantsisal.jpg
サイザルアサ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: クサスギカズラ科 Asparagaceae
亜科 : リュウゼツラン亜科 Agavoideae
: リュウゼツラン属 Agave
: サイザルアサ A. sisalana
学名
Agave sisalana
Perrine
和名
サイザルアサ
英名
sisal

サイザルアサ(学名:Agave sisalana)はリュウゼツラン科リュウゼツラン属植物、またはこれから取れるロープなどに使う繊維

特徴[編集]

アサの仲間ではないが、歴史的に最も使われてきた繊維であるにちなんでサイザルアサと命名された。「サイザル」は以前よくこの繊維がで積み出しされていたユカタン半島のサイザル港にちなむ。

長さ 1.5-2.0m の剣のような形の葉からなるロゼットを形成する。若いの縁には細かい鋸歯があるが、成熟するとともになくなる。不稔性で、分枝によって増殖する。

サイザルアサは実をつけない雑種であるが、原種はよくわかっていない。原産地であると考えられているメキシコチアパス州に固有の小規模農産物の調査結果によると、A. angustifoliaA. kewensis の交雑種ではないかと考えられている。

19世紀にサイザルアサの栽培は世界中に広がった。現在ではフロリダからカリブ諸島ブラジルタンザニアを中心とするアフリカ各国、アジアなどで栽培され、中心的な繊維作物となっている。

ダーツ(ハードダーツ)の的を造る材料としても知られる(束ねた繊維を約10トンでプレスして生産する)

参考文献[編集]

  • G. W. Lock, Sisal (Longmans Green & Co., 1969)
  • Howard Scott Gentry, Agaves of Continental North America (University of Arizona Press, 1982) pp. 628-631