サイコソルジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サイコソルジャー』(PSYCHO SOLDIER)は1987年3月にSNKから発売された、強制横スクロールのアクションシューティングゲーム

概要[編集]

本作は『アテナ』の続編として制作された作品である。強制横スクロールで進む数段の段で仕切られたフィールドを上下に移動して敵を攻撃しつつ画面右側に向かい、ステージの最後に待ち受けるボスを倒すことで次のステージへと進んでいく。システム的には84年に制作されたカプコンの「ソンソン」とほぼ同一のシステムであるが、崩壊後の世界を舞台とした退廃的な世界観と、ステージ毎に変わるフィールド背景が特徴となっている。

更に、メインBGMに肉声によるボーカル音声が用いられた「歌うゲーム」であることも本作最大の特徴。第1ステージと、以降の特定のステージで、BGMの1ループ分のみ歌が流れるようになっている。FM音源で音楽部分を、ADPCM音源でヴォーカル部分を再生している。ヴォーカルの音声は、日本国内版は日本語、海外版では英語となる。日本語版・英語版とも、当時アイドルだった清水香織が歌唱を担当している。

ストーリー[編集]

遥か昔、『屍愚魔』と呼ばれる異種生物がこの地上に存在した。彼らは数々の古代文明を滅ぼして、世界を闇に包み込んだ。しかし、勇敢な古代人たちによって、地底の奥深くに封じ込まれた。

ところが、一部の心ない者の手によって、その封印が破られてしまった。『屍愚魔』は数千年の眠りから目覚め、より凶暴となって、人類の前に再び姿を現した。

人類はありとあらゆる手を尽くしたが、そのすべてが無駄に終わった。最新の科学兵器すら、まったく用をなさなかった。人類は太古の偉大なる預言者が残したという『予言』に最後の期待を託した。

「永遠の眠りより醒めたる悪魔、この地上に再び、現われし時、遥か東の地より二人の光の戦士来たる。その二人の『力』が合わさる時、闇は葬り去られるであろう。」

「二人の光の戦士」それが麻宮アテナと椎拳崇だ。今、光の戦士が果てしない戦いに旅立った。人類の明日のために…。

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

スペシャルアイテムを取った際の変身時の姿が異なることを除き、性能差はない。

麻宮アテナ(あさみや -)
本作の主人公で1P側のキャラクター。16歳のごく普通の女子高生だが、生まれながらにして超能力を持つ。その力は、歌を歌いながら扱うことでより高く発揮できるという。
同社制作のアクションゲーム『アテナ (ゲーム)』の主人公アテナ姫の子孫であり、超能力は彼女から先天的に受け継いだものである。
スペシャルアイテムを取った際は鳳凰に変身する。
椎拳崇(しい けんすう)
2P側のキャラクターで、アテナのパートナーの中国人。アテナいわく、“とっても頼れる助っ人”。彼の超能力は、厳しい修行の末に身に付けられたものらしい。
中国拳法の達人でもある。アテナのことを“アテナはん”と呼ぶ。
スペシャルアイテムを取った際は龍に変身する。

敵キャラクター[編集]

  • メゾ・ゼール/メギド・ゼール/ルメギド・ゼール
  • モグ・ゴルゴ
  • ガル・ゴルゴ
  • バルガ・ゴルゴ
  • ギド・ラゴス
  • ミド・ラゴス
  • アル・ドラゴ/ダフ・ドラゴ/ゲルド・ドラゴ
  • ドロド・コーガ
  • ゼブ・シグマ
  • グラ・シグマ
  • ビビ・シグマ
  • ウゾウ・ムゾウ
  • ダフ君
  • モーム - タマゴから出現する毛虫。

ステージボス[編集]

  • ゼール・ゼブブ(第一面)
  • ドラ・ゴーン(第二面)
  • ゴルゴ・メカベ(第三面)
  • ラゴス・アゴン(第四面) - このステージから壁を破壊してもクリアにはならず、ボスを撃破するしかない。
  • マ・グローン(第五面)
  • シグ・ド・ダビデ(第六面) - 最終ボス。屍愚魔の正体。

ゲーム中の攻撃・武器など[編集]

基本攻撃[編集]

サイコ・ビーム
素手の状態での攻撃。壁は最大3回攻撃しなければ破壊できない。

ルーム[編集]

エレクトロ・ルーム
主攻撃であるサイコ・ビームの威力上昇。
ビームは3段階で、緑→青→赤となる。赤になるとエレクトロ・ルームは利用できなくなる。
エナジー・ルーム
サイコエネルギーを4ゲージ追加。
サイコエネルギーが20の時は利用できない。
サイコ・ルーム
サイコボールを1個または4個補給できる。だが所持数が最大値のときには利用できない。
マイナス・ルーム
通過中にサイコエネルギーが急速に奪い取られる。

アイテム[編集]

サイコ・ボール
Bボタンで発射する。サイコエネルギーの状態により技が変化。
防御用のサイコ・ボールは敵弾を受ける毎にエネルギーが1ゲージ減り、エネルギーがない場合はサイコ・ボールが1個減る。
所持できる最大個数は16個。画面上に表示されるサイコボールは回って防御している4個+下方ステータス欄の8個の計12個だが、それ以降に表示されない分の4個も所持できる。これはデモプレイを細かく見れば確認できる。
サイコ・ソード
64回使用可能な武器。壁・敵弾等も破壊可能で威力が高い。
またサイコ・ソード所持時はビームで壁を壊せなくなるが貫通する。
クリア・ポイント
画面上の敵を全てサイコ・ボールか風船に変えてしまう。敵弾と小型飛行敵は風船で、その他の敵はサイコ・ボールになる。
フル・ポイント
サイコエネルギーがMAXになる。
タケノコ
ある場所を通過すると生えてくる。破壊すると風船・UFO・トランプのいずれかが出現。
破壊せずに通過しようとすると「おっとっと」という台詞と共につまづいて一瞬操作不能になる。
UFO
ポイントアイテム。複数取るとタマゴからスペシャルアイテムが出現しやすくなる。
また取るタイミングによって点数が変わる。
風船
ポイントアイテム。取るタイミングで点数が変わり、高得点で取り続けるとトランプが出現しやすくなる。
トランプ
1UPアイテム。残機が1機増える。
タマゴ
割るとスペシャルアイテムかモーム(毛虫)のどちらかが出現。
チェンジ・アイテム
1Pと2Pの装備を入れ替える。
二人プレイ専用アイテムで、ソロプレイ時は意味が無い。
ターゲットポイント
取得したキャラクターに攻撃が集中される。
二人プレイ専用アイテムで、ソロプレイ時は意味が無い。
敵の進化・退化・(上下の矢印)
取得すると画面内の敵が1ランク進化するか退化する。
ガイコツ
全ての装備を失う。
スペシャル・アイテム
タマゴを破壊すると稀に出現。取ったキャラクターを変身(ミューテーション)させる。変身中は攻撃が前方への火炎攻撃のみに変化し、ザコ敵や壁を一撃で破壊可能になる他、敵からの攻撃に対して無敵状態となる。
ステージクリア時またはサイコ・エネルギーが0になると変身は強制解除される。
2人同時プレイ時には変身していないキャラクターは変身したキャラクターの背中に乗る事ができる。

必殺技[編集]

サイコ・ボールを1つ消費して必殺技が発動する。但し、サイコ・エネルギーとサイコ・ボールがMAXになるとサイコ・ボールがキャラクターの周囲で高速回転を始め、エネルギーが0になるまでこの状態が続き、技は究極奥義弾のままとなる。

天地炸裂弾(サイコ・エネルギー0~4)
サイコ・ボールが着弾点で上下に分裂する。
反復爆裂弾(サイコ・エネルギー5~8)
サイコ・ボールが着弾点で前後に跳ね返る。画面外に消えるまで有効。
縦横無尽玉(サイコ・エネルギー9~12)
サイコ・ボールが着弾点で45度に跳ね返る。画面外に消えるまで有効。
爆進直列弾(サイコ・エネルギー13~16)
サイコ・ボールが一直線に貫通して飛んでいく。
飛翔撃滅弾(サイコ・エネルギー17~20)
サイコ・ボールを打ち出し、縦3列を交差しながら飛んでいく。打ち出すサイコ・ボールは2個に見えるが、使用数は1つである。
究極奥義弾(サイコ・エネルギーMAX+サイコ・ボール12個以上所持)
サイコ・ボールがゆっくりと回転しながら画面内をなぎ払う。
技の使用で消費されるのはサイコ・エネルギー4つのみとなり、サイコ・ボールは消費されない。

移植・その他[編集]

ファミリーコンピュータ版の『アテナ』には、サイコソルジャーのテーマソングやアーケード版のサウンドを収録したカセットテープが付属していた。

『サイコソルジャー』のファミリーコンピュータ版が1987年に計画され、ファミリーコンピュータMagazineなどの各ゲーム雑誌に開発が告知されていたが、中止になった。

その後2011年4月21日に発売された『SNKアーケードクラシックスゼロ』にて初めて家庭用機に移植された。清水香織の歌声も完全再現されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]