サイクロン・ゾーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイクロン・ゾーイ
カテゴリー5の サイクロン  (SSHS)
サイクロン・ゾーイ
サイクロン・ゾーイ
発生期間: 2002年12月25日2003年1月1日
最大風速:
(1分間平均)
80 m/s (287 km/h)
最低気圧: 890 hPa
被害総額:
死者数: 直接の死者0名 間接的に0名
被害地域: ソロモン諸島

Cyclone Zoe(サイクロン・ゾーイ)は、2002年12月ソロモン諸島ティコピア島一帯を襲ったサイクロンである。Zoeは、この地域では過去最大級のものである。

概要[編集]

以下の日付は、日本時間に基づく。

  • 2002年12月25日サイクロン発生。
  • 同日、2002-2003年シーズンの南半球で6番目にトロピカル・ストーム強度のサイクロンとなり、Zoeと命名。
  • 北西進しながら急発達し、12月27日に最盛期を迎えた。最盛期の勢力は155ノット(カテゴリ5)。
  • 強い勢力でソロモン諸島のティコピア島一帯を通過した。しかし、島民全員が島の高台にある洞窟に避難していたため、島民約 1300 人の人命には全く被害がなかった。
  • 強い勢力による直撃にもかかわらず、被害が奇跡的に少なかった理由は、島民たちが長年サイクロンと戦い続けた経験に基づき、適切な避難行動を取ったことにあったと言える。
  • その後、北北東へ向きを変え、急速に衰えた。

外部リンク[編集]