サイウオ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイウオ科
Bregmaceros atlanticus.jpg
セイヨウサイウオ Bregmaceros atlanticus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 側棘鰭上目 Paracanthopterygii
: タラ目 Gadiformes
: サイウオ科 Bregmacerotidae
学名
Bregmacerotidae

サイウオ科学名Bregmacerotidae)は、タラ目に所属する魚類の分類群の一つ。サイウオ属のみ1属で構成され、サイウオなど中層遊泳性の魚類を中心に15種が記載される[1]。科名の由来は、ギリシア語の「bregma(頭頂部)」と「keras(角)」から[2]

分布・生態[編集]

サイウオ科の魚類はインド洋太平洋大西洋など、世界中の熱帯亜熱帯の海に広く分布する[1]。その多くは海水魚であるが、まれに河口などの汽水域に進出する種類もある[1]。生息範囲は広く、沿岸から外洋、表層から深海にまで多岐にわたる[2]

本科はあまり研究が進んでいないグループの一つで、生態についてはほとんどわかっていない[3]底生性の魚類が多いタラ目の中では例外的に、海底から離れた中層を漂って生活するとみられている[3]

形態[編集]

サイウオ科の仲間は左右にやや平たく側扁した、細長い体型をもつ。全長は最大でも12cm程度で、多くは10cmに満たない小型魚類である[2]。顎ヒゲをもたず、は比較的大きい[1]側線は背側を走行する[1]鋤骨に歯を備え、浮き袋は耳嚢と連絡しない[1]仔魚の形態は他のタラ目魚類と類似するが、変態の過程は緩やかで、直接発生的である[2]

背鰭は2つあり、うなじに位置する第1背鰭は細長く伸びた1本の鰭条からなる[1]。第2背鰭と臀鰭の基底は長く、いずれも中央部の丈が低くへこんだ特徴的な形をとっている[1]。腹鰭は5軟条で頭部の下に位置し、外側の3本は鰭膜をもたず非常に細長く伸びる[1]椎骨は43-59個[1]

分類[編集]

サイウオ科にはNelson(2006)の体系において1属15種が認められている[1]。本稿では、FishBaseに記載される14種についてリストする[2]の同定を含め、本科の分類に関する知見は不充分で、全体的な再検討の必要性が指摘されている[2]

セイヨウサイウオ(Bregmaceros atlanticus)。三大洋の熱帯域に広範囲に分布する種類[2]。本科魚類は鰭の形態に特徴がある

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Fishes of the World Fourth Edition』 p.237
  2. ^ a b c d e f g Bregmacerotidae”. FishBase. 2011年9月4日閲覧。
  3. ^ a b 『海の動物百科3 魚類II』 p.91

参考文献[編集]

外部リンク[編集]