ゴールドリヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴールドリヴァー
英字表記 Gold River
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1977年1月11日
死没 1986年
Riverman
Glaneuse
母の父 Snob
生国 フランスの旗 フランス
生産 Jacques G. Wertheimer
馬主 Jacques G. Wertheimer
調教師 Alec Headフランス
競走成績
生涯成績 14戦7勝
獲得賞金 3,441,000フラン
テンプレートを表示

ゴールドリヴァーGold River1977年 - 1986年)はフランス競走馬繁殖牝馬1981年凱旋門賞などに勝利した。同年のフランス最優秀古牝馬に選出された。

経歴[編集]

オーナーブリーダーのジャック・ヴェルテメールによって生産された。3歳の5月にデビューし、年末のロワイヤルオーク賞でG1競走初勝利をあげると、年をまたいでジャンプラ賞(現在のヴィコンテッス・ヴィジェ賞)、カドラン賞と3000メートル超の重賞を3連勝した。その後のサンクルー大賞フォワ賞では5着、3着に敗れたが、凱旋門賞では他の23頭を退けて勝利した。連覇を狙ったロワイヤルオーク賞で3着に敗れ、引退した。

繁殖成績[編集]

引退後はアメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントンのハグヤードファームで繁殖牝馬となった。初年度から重賞勝ち馬を輩出するなど期待されていたが、1986年に9歳の若さで死亡した。シェルシュールドールはG3競走のリス賞に勝利、西山牧場によって輸入され日本で種牡馬となった。リヴィエルドールはG1競走のサンタラリ賞に勝ち、ゴールドスプラッシュ(コロネーションステークスマルセルブサック賞)などを輩出、孫の世代にもゴルディコヴァブリーダーズカップ・マイル連覇)を出した。

産駒には金や川の意味を持つ名が付けられている。シェルシュールドールは「金の探索者」、リヴィエルドールは「金の川」、リヴィエルダルジャンは「銀の川」など。

血統表[編集]

ゴールドリヴァー (Gold River)血統リヴァーマン系 / Nasrullah 3×5=15.63%、Nearco 4×5=9.38%、Djebel 4×5=9.38%、Prince Rose 5×5=6.25%)

Riverman
1969 鹿毛
Never Bend
1960 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Lalun Djeddah
Be Faithful
River Lady
1963 鹿毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Nile Lily Roman
Azalea

Glaneuse
1966 鹿毛
*Snob
1959 鹿毛
Mourne Vieux Manoir
Ballynash
Senones Prince Bio
Sif
Glamour
1960 鹿毛
Djébé Djebel
Cathrine
Tudor Gleam Owen Tudor
Riding Rays F-No.22-d

母Glaneuseはジョッキークラブ大賞などに勝利している。

外部リンク[編集]