ゴールドマン環境賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールドマン環境賞(ゴールドマンかんきょうしょう)は、環境保護に功績のあった草の根の運動家に与えられる賞である。

アメリカの保険会社の会長であったリチャード・ゴールドマンと、妻のローダ・ゴールドマンによって1990年に設立された。その権威から「環境分野のノーベル賞」「ノーベル環境賞」と言われることもあるが、毎年大陸ごとに受賞者が決められるのが特徴である。賞金は12万5000ドル。賞を授与するゴールドマン環境財団の本部はアメリカサンフランシスコにある。

選考方法[編集]

世界21の環境団体と25ヶ国以上の環境専門家が候補者を推薦し、その中からゴールドマン財団の環境賞審議委員会が選ぶ。アフリカアジア島嶼国ヨーロッパ南北アメリカの6つの地域から基本的に1人ずつが選ばれる。

歴代受賞者[編集]

1990年[編集]

1991年[編集]

1992年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

外部リンク[編集]