ゴールデン・サークル騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールデン・サークル騎士団Knights of the Golden Circle)とは、南北戦争時にあったとされた秘密結社。日本では、「金の輪の騎士達」や「金環騎士団」と訳されることもある。団員は最大で数十万人にも上った。オハイオ州シンシナティに本部を置いていた。                       

概要[編集]

南北戦争時には、南軍寄りの過激派だったため、北部で破壊工作を行っていた。 メキシコ北部と西インド諸島を植民地化して、アメリカ南部奴隷制の利益を拡大する目的で、1861年にアメリカ南部で結成された。 リンカーンを暗殺したジョン・ウィルクス・ブースが所属していたとされている。 なお本来の目的はメキシコ全土・中央アメリカ・カリブ海を植民地化する計画だった。 南北戦争後は改称して、クー・クラックス・クラン(KKK)になったとする説がある。

主なメンバー[編集]

  • ラムディン・P・ミリガン
  • フランクリン・ピアース
  • ジョン・ウィルクス・ブース
  • ジェシー・ジェームズ

脚注[編集]

外部リンク[編集]