ゴールデンスピリット賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールデンスピリット賞(ゴールデンスピリットしょう)は、報知新聞社主催、日本野球機構後援による日本プロ野球人の社会貢献活動優秀者を表彰する賞である。

受賞者には、ゴールデントロフィと特別賞として100万円、加えて受賞者指定の団体・施設に200万円が寄贈される。

メジャーリーグベースボールで制定されている「ロベルト・クレメンテ賞」の日本版ともいえる。

選考委員[編集]

受賞者[編集]

所属は受賞当時のもの。選手名の下に書かれている事項は受賞理由である。

第1回(1999年):松井秀喜読売ジャイアンツ
少年のいじめ防止キャンペーン
第2回(2000年):片岡篤史日本ハムファイターズ
児童養護施設「愛隣会目黒若葉寮」への慰問と東京ドームへの招待
安打1本につき1万円の「片岡基金」を設立
第3回(2001年):中村紀洋大阪近鉄バファローズ
大阪教育大学附属池田小学校の慰問
第4回(2002年):飯田哲也ヤクルトスワローズ
神宮球場に自費で少年野球選手を招待する「飯田シート」を設置
第5回(2003年):井上一樹中日ドラゴンズ
難病の少年少女への慰問活動
第6回(2004年):赤星憲広阪神タイガース
自身の盗塁数に応じて全国の施設・病院に車椅子を寄付
第7回(2005年):ボビー・バレンタイン千葉ロッテマリーンズ監督)
新潟県中越地震スマトラ沖地震などの復興支援チャリティー試合を提案
ハリケーン・カトリーナの被災地復興への支援
第8回(2006年):和田毅福岡ソフトバンクホークス
プレーオフを含む公式戦の投球数に応じてワクチンを寄贈
第9回(2007年):三浦大輔横浜ベイスターズ
横浜市内の小学校での講演や社会福祉協議会にシーズンシートを寄付、障害者を自費で球場に招待
第10回(2008年):岩隈久志東北楽天ゴールデンイーグルス
Kスタ宮城に福祉施設の児童を招待する「岩隈シート」を設置
大阪近鉄バファローズ時代からチャリティーに参加、2007年からは1勝につき10万円をボランティア団体に寄付
岩手・宮城内陸地震における寄付
第11回(2009年):小笠原道大(読売ジャイアンツ)
日本ハム時代から続く、自宅のある市川市社会福祉協議会などへの寄付
小児がん患者とその家族への支援活動
第12回(2010年):ダルビッシュ有北海道日本ハムファイターズ
口蹄疫の被害に悩む宮崎県の畜産農家に対し300万円の義援金
2010年シーズン途中から自身が投球している試合1アウトにつき3万円を社会福祉法人宮崎県共同募金会へ寄付
第13回(2011年):山崎武司(東北楽天ゴールデンイーグルス)
本塁打数に応じた「ホームラン基金」の設立
中日・オリックス在籍時より継続して行っている、児童養護施設訪問
岩手・宮城内陸地震における、宮城県栗原市への寄付
第14回(2012年):藤川球児(阪神タイガース)
骨髄バンクの支援
自身のモバイルサイトの収益の寄付
不登校児への公式戦招待
第15回(2013年):宮本慎也東京ヤクルトスワローズ[1]
日本盲導犬協会へ1安打につき1万円の寄付など、盲導犬育成の支援
2011年から東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市で野球教室開催
第16回(2014年):栗山巧埼玉西武ライオンズ

脚注[編集]

  1. ^ この年限りで現役引退

外部リンク[編集]