ゴーデスベルク綱領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴーデスベルク綱領 (ドイツ語: Godesberger Programm)は、ドイツ社会民主党(SPD)の1959年から1989年までの綱領

1959年のSPD党大会のポスター

1959年11月、バート・ゴーデスベルク(現在ボンの一部)で開催された党大会で採択された。このため、この綱領はバート・ゴーデスベルク綱領とも呼ばれ、1925年のハイデルベルク綱領を破棄し、階級闘争を正式に放棄したことで知られている。

これにより、ドイツ社会民主党は階級政党から民主社会主義政党、国民政党への転換が図られ、1969年ヴィリー・ブラントによる政権獲得へとつながることとなる。

その後、ドイツ再統一直前の1989年の党大会ではベルリン綱領が採択されている。

外部リンク[編集]

Godesberger Programm(ドイツ語)