ゴンサロ・ベルヘッシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴンサロ・ベルヘッシオ Football pictogram.svg
Bergessio.jpg
名前
ラテン文字 Gonzalo Rubén Bergessio
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1984年7月20日(30歳)
出身地 コルドバ
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 UCサンプドリア
ポジション FW
背番号 18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 アルゼンチンの旗 プラテンセ 90 (28)
2003-2005 アルゼンチンの旗 インスティトゥート 37 (6)
2005-2007 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ 35 (12)
2007-2008 ポルトガルの旗 ベンフィカ 3 (0)
2008-2009 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 48 (29)
2009-2011 フランスの旗 サンテティエンヌ 49 (5)
2011 イタリアの旗 カターニア (loan) 13 (5)
2011-2013 イタリアの旗 カターニア 96 (30)
2014 イタリアの旗 サンプドリア 5 (0)
代表歴2
2008- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年10月26日現在。
2. 2014年10月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゴンサロ・ベルヘッシオGonzalo Rubén Bergessio1984年7月20日 - )は、アルゼンチンコルドバ出身のサッカー選手UCサンプドリア所属。アルゼンチン代表である。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴

下部リーグに属していたCAプラテンセからデビューし、2005年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のインスティトゥート・コルドバに移籍した。しかしそのシーズンにクラブはプリメーラB・ナシオナル(2部)に降格してしまい、2006年にはラシン・クラブに移籍した。ラシン・クラブではボカ・ジュニアーズCAリーベル・プレート相手に奪った得点も含め、2シーズン連続して6得点を挙げた。

SLベンフィカ

2007年6月26日、移籍金250万ユーロでポルトガル・プリメイラ・リーガSLベンフィカに移籍したが [1]、半年間でリーグ戦3試合とUEFAチャンピオンズリーグ1試合に出場しただけに終わった。

CAサン・ロレンソ

2008年1月、母国のCAサン・ロレンソに移籍した。同年のコパ・リベルタドーレス決勝トーナメント1回戦ではCAリーベル・プレートとの同国対決となり、そのセカンドレグでCAサン・ロレンソは2人の退場者を出した上に0-2と劣勢だったが、ベルヘッシオが起死回生の2得点を決めて勝ち抜けに貢献した[2]。CAサン・ロレンソでは充実した日々を送り、リーグ戦52試合に出場して29得点を挙げた。

ASサンテティエンヌ

2009年8月24日、4年契約でフランス・リーグ・アンASサンテティエンヌに移籍したが、移籍金は公表されていない[3]。デビューから2試合目のAJオセール戦(1-1)で初得点を挙げ、2009-10シーズンは31試合に出場して5得点を挙げたが、2010-11シーズンは移籍当初のようにはうまく行かず、前半戦で16試合に出場して無得点に終わった。

カルチョ・カターニア

2011年1月31日、冬の移籍市場最終日にイタリア・セリエAカルチョ・カターニアにレンタル移籍した。カターニアは2010-11シーズン終了後の完全移籍オプションを有している。同日、カターニアはベルヘッシオのほかにアタランタBCからFWエセキエル・スケロットも獲得している[4]。カターニアでは13試合に出場し、5得点を挙げ、5シーズン連続の残留に貢献した。いまひとつ精彩を欠くなか、ベルヘッシオはこのチャンスをモノにし、同年8月20日に完全移籍レギュラーポジションを掴んでいる。

UCサンプドリア

カターニアの降格に伴い2014年8月1日、UCサンプドリアに移籍した[5]

代表[編集]

CAサン・ロレンソでの活躍が認められてアルフィオ・バシーレ監督からアルゼンチン代表に招集され、2008年10月15日のチリ戦でデビューした。デビュー戦の直後にバシーレ監督が解任されたが、後任のディエゴ・マラドーナ監督からも招集を受け、2009年5月21日のパナマとの親善試合ではフル出場して2得点した[6]

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 カルチョ・カターニア 2011 (loan)

脚注[編集]