ゴルナーグラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルナーグラート

ゴルナーグラート(Gornergrat)は、スイスペンニネ・アルプスにあり、南にゴルナー氷河を見渡す尾根である。最高点の標高は3,130m。ツェルマットからゴルナーグラート鉄道が通じている。

概要[編集]

クルムホテル・ゴルナーグラート

スイス・ヴァレー州のツェルマットから約3km東に位置している。ゴルナー氷河とフィンデル氷河に挟まれ、モンテ・ローザリスカムマッターホルンドムヴァイスホルンなどの多数の4,000m級の山々を眺めることができる。

1898年に開業したゴルナーグラート鉄道の終着駅が設けられており、標高3,089mに位置するこの駅と始発のツェルマット駅(標高1,604m)との標高差は約1,500mにもなる。

駅近くの尾根の南西端には、展望台とホテルがある。ホテルはホテル・ベルベデーレとして1896年に開業。1897年から1907年にかけて現在のクルムホテル・ゴルナーグラートが建設された。1996年には2つの塔の上にドームが建設されて、赤外線及び電波望遠鏡が設置され、ドイツ及びイタリアの科学者により天体観測が行われた。現在は南側のみがケルン大学によって利用されている。

ゴルナーグラート駅 
ゴルナーグラートからのマッターホルンの眺め 
ゴルナーグラートからのモンテ・ローザとゴルナー氷河の眺め 

外部リンク[編集]