ゴルゴーナ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴーナ島
エルバ島の北にある
座標 北緯43度26分
東経09度54分
面積 2.2 km²
海岸線長 37 km
最高標高 254 m
所在海域 ティレニア海
所属国・地域 イタリアの旗 イタリアトスカーナ州
テンプレートを表示

これは英語版からの翻訳を含む記事です。 ゴルゴーナ島 (Gorgona) は、ティレニア海に浮かぶイタリアトスカーナ群島の一つで最も北にあり、イタリアの西海岸にある諸島の一つである。 コムーネとしてはイタリア本土のリヴォルノ県に属する。 コルシカ島リヴォルノ県の間にある、この小さな島では、この島に隔離され生存している野生生物(特に海鳥)が特筆される。そのほかには、中世のゴルゴーナ修道院がある。修道院の閉鎖後、その土地と建物は流刑地として使われ現在にいたっており、許可を得た者のみ入島が可能である。

地理[編集]

生態[編集]

歴史[編集]

キリスト教以前(Pagan history)[編集]

修道院時代[編集]

近代[編集]

経済[編集]

執筆の途中です この「ゴルゴーナ島」は、イタリアの地理関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア