ゴルゴンゾーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴンゾーラ
Gorgonzola 1.jpg
原産地: イタリア
区分: チーズ
生産地域: ノヴァーラヴェルチェッリクーネオビエッラヴェルバーニアカザーレ・モンフェッラートベルガモブレーシャコモクレモーナレッコ (レッコ県)ローディミラノパヴィーアヴァレーゼ
DOP/IGP承認: Reg.CE n. 1107/96
保護協会: consorzio Gorgonzola

ゴルゴンゾーラ(伊:Gorgonzola)は、ロンバルディア州ピエモンテ州をまたがる地域で生産されているイタリアの代表的なチーズのひとつ。フランスロックフォールイギリススティルトンと共に世界三大ブルーチーズに挙げられている。1996年6月12日以来、統制原産地呼称(DOP)を取得している。

カード: curd)とアオカビを交互に重ねて作られたもので、内部には筋状のアオカビが走っており、特徴的な刺激臭がある。ミラノ近郊のゴルゴンゾーラが名前の由来だが、現在[いつ?]この地域では製造されていない。9世紀頃に、春から夏にかけて高地で放牧していた牛を秋に平野へ降ろす際、途中にあるこの村が休憩所となっていた。ここで疲れた牛から搾られた乳で作ったチーズが柔らかくておいしかったので、ストゥラッキーノ・ディ・ゴルゴンゾーラ(stracchino di Gorgonzola)と呼ばれるようになったのが始まりと言われている。今日[いつ?]では法律により生産地域が限定されている。

このチーズは大きく2種類に別けられ、青カビが多く辛味の強いものはピッカンテ(: piccante、「辛い」の意)、クリーミーでほんのりとミルクの甘味の残っているものがドルチェ(: dolce、「穏やか」の意)と呼ばれる。ピッカンテはそのまま食べることもあるが、リゾットに入れたり、ゴルゴンゾーラソースを作ってパスタにかけるなど料理に使われることが多い。長らくドルチェの人気が圧倒的であったが、最近[いつ?]では古典的なピッカンテの人気も急増している。

関連項目[編集]