ゴラームアリー・ハッダード=アーデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イランの旗イランの政治家
ゴラームアリー・ハッダード=アーデル
غلامعلی حداد عادل
Haddad-Adel.JPG
生年月日 1945年5月9日
出生地 テヘラン
出身校 テヘラン大学
前職 国会議長
称号 哲学博士
公式サイト وبگاه شخصی دکتر غلامعلی حداد عادل

イランの旗 国会議長
任期 2004年 - 2008年
最高指導者 アリー・ハーメネイー

イランの旗 国会議員
選挙区 テヘラン
当選回数 4
任期 2000年 - 現職
テンプレートを表示

ゴラームアリー・ハッダード=アーデルペルシア語: غلامعلی حداد عادل‎、Gholam-Ali Haddad-Adel、1945年5月9日 -)は、イラン政治家学者。イラン前国会議長。国会議員、公益判別会議議員[1]。日本語メディアではハッダードアデルハダドアデルなどと表記される。ハッダードアーデルと表記する機関もある。

経歴[編集]

1945年テヘラン生まれ。1966年テヘラン大学物理学)卒業後、1967年シーラーズ大学物理学修士号取得。1973年テヘラン大学で哲学修士号、1974年には同大で哲学博士号を取得した。1972年から1985年までシャリーフ工科大学准教授、1985年からテヘラン大学教授をつとめている[2]

イスラーム・文化指導副大臣、教育副大臣、最高教育会議副議長などを歴任した[2]

2000年から国会議員選挙でテヘラン選挙区で4期連続当選。2004年から2008年まで国会議長をつとめたが、以後はアリー・ラーリージャーニーに議長選出投票で敗れている。第8期議会(2008年-2012年)では文化問題委員会委員長をつとめた[2]

2013年6月のイラン大統領選挙に立候補したが、選挙戦終盤の6月10日に選挙戦からの撤退を表明した[3]

2003年5月にイラン文化週間出席のため来日している[4]

人物[編集]

  • 既婚、子供が4人いる[2]。娘の一人は、最高指導者アリー・ハーメネイーの息子モジュタバー・ハーメネイーの妻である[5]

脚注[編集]

  1. ^ イラン公益評議会議員の任命”. アヤトッラー・セイエド・アリー・ハーメネイー業績・作品研究所 (2012年3月14日). 2012年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d Curriculum Vitae Of Dr. Gholam Ali Haddad Adel, Parliament Speaker 7th Legislative Term Islamic Parliament of Iran”. Paliament of Iran. 2012年12月22日閲覧。
  3. ^ “CHaddad-Adel pulls out of presidential race”. Press TV. (2013年6月10日). http://www.presstv.ir/detail/2013/06/10/308193/haddadadel-quits-presidential-race/ 
  4. ^ イラン・イスラム共和国”. 外務省. 2012年12月22日閲覧。
  5. ^ “Supreme Leader's Inner Circle Holds Key To Iran's Nuclear Standoff”. Forbes.com. (2011年1月21日). http://www.forbes.com/2011/01/21/iran-nuclear-ayatollah-khameini-opinions-contributors-jamsheed-choksy-stephen-szrom_2.html 2012年12月24日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
メフディー・キャッルービー
イランの旗イラン国会議長
2004年 - 2008年
次代:
アリー・ラーリージャーニー