ゴマモンガラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴマモンガラ
ゴマモンガラ
ゴマモンガラ Balistoides viridescens
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: フグ目 Perciformes
: モンガラカワハギ科 Balistidae
: Balistoides
: ゴマモンガラ
B. viridescens
学名
Balistoides viridescens
(Bloch and Schneider, 1801)
和名
ゴマモンガラ
英名
Titan triggerfish

ゴマモンガラ(胡麻紋殻、学名:Balistoides viridescens)は、動物界脊索動物門条鰭綱フグ目モンガラカワハギ科に分類される魚類である。

分布[編集]

日本では神奈川県以南、インド洋や西太平洋の熱帯海域のサンゴ礁に分布する。[1]

形態[編集]

モンガラカワハギ科で最大の種で、体長約75cmまで成長する。英名はギリシアローマ神話タイタンに由来し、その巨大さから名付けられたものである。

和名のゴマモンガラはゴマ様の斑点模様に由来する。かつては鰭の先端部が暗色であることから、ツマグロモンガラとも呼ばれた。日本における主要な生息地である沖縄県方言では、あかじきらなー、かーはじゃー、ゆたーふくるばーと呼ばれる。

生態[編集]

熱帯亜熱帯沿岸サンゴ礁などに生息する。食性は雑食で、甲殻類貝類ウニサンゴ等を食べる。繁殖形態は卵生で、すり鉢状の巣を作って産卵し、卵を保護する。

人間との関係[編集]

浅いサンゴ礁などに生息するため、スノーケリングダイビング時によく遭遇する。性質は荒く、特に繁殖期には攻撃的になって、巣に近づいた場合などに人に向かってくる。鋭い歯を持ち、噛まれると外傷を負うこともある。また、鰭にも棘がある。

関連項目[編集]

出典[編集]