ゴマフガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴマフガモ
ゴマフガモ_オス
ゴマフガモ(繁殖期オス) Stictonetta naevosa
ゴマフガモ_メス
ゴマフガモ(メス) Stictonetta naevosa
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ゴマフガモ属 Stictonetta
: ゴマフガモ S. naevosa
学名
Stictonetta naevosa (Gould, 1841)
和名
ゴマフガモ
英名
Freckled duck

ゴマフガモStictonetta naevosa)は、鳥綱カモ目カモ科ゴマフガモ属に分類される鳥類。本種のみでゴマフガモ属を構成する。

分布[編集]

オーストラリア[1][2]固有種

繁殖期になると主にニューサウスウェールズ州西オーストラリア州南西部に飛来する[1]

形態[編集]

全長48-59センチメートル[2]。翼長オス18.6-25.8センチメートル、メス20.5-23.6センチメートル[1]。後頭が瘤状に隆起する[1][2]。全身の羽衣は黒褐色で、白く細かい横縞が入る[2]

嘴は大型で、色彩は濃灰色[2]。鼻部が高い[1]。後肢前部は網目状の鱗で覆われる[1]。後肢の色彩は灰色[2]

オスは繁殖期になると嘴基部が赤みがかる[1][2]。卵の殻は緑白色[1]

分類[編集]

後肢前部の鱗、気管の形状から、系統が古く原始的な種で現生種では近縁種がいないと考えられている[1]。雛の形態、解剖学的解析から、ガン類に近縁とする説もある[1]

生態[編集]

河川湖沼湿原などに生息する[2]

食性は植物食で、種子藻類などを食べる[2]。水面を泳ぎながら採食を行う[1][2]

繁殖形態は卵生。水辺の植物の中や物陰などに巣を作り[2]、6-10個の卵を産む[1]。メスのみが抱卵・育雛を行う[2]。抱卵期間は26-28日[1]

人間との関係[編集]

旱魃などによる生息数の変動が大きいものの、干拓による生息地の破壊、同科他種と誤っての狩猟などにより生息数は漸減していると考えられている[2]。1980年代における生息数は19,000羽以下と推定されている[2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、33頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 竹下信夫 「ゴマフガモ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ7 オーストラリア、ニューギニア』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、169頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2012. Stictonetta naevosa. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.