ゴホンツノカブト属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴホンツノカブト属
Eupatorus gracilicornis Vol.jpg
ゴホンツノカブト Eupatorus gracilicornis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: ゴホンツノカブト属 Eupatorus

本文参照

ゴホンツノカブト属(Eupatorus)は、昆虫綱甲虫目カブトムシ亜科に属する分類群。東南アジアの大陸部に分布し、近縁種がニューギニアに生息する。

形態[編集]

頭部の角は長い
正面からみたゴホンヅノカブト

頭角1本、胸角4本の計5本にもなる角が特徴だが、見かけによらず性格は大人しく、好戦的ではない。これは、他の種類のゴホンヅノカブトでも同じである。

林に生息し、その新芽の汁を吸う。そのため、竹の新芽が出る秋頃に活動する。細い竹に適応して、脚は長くなっている。

生態[編集]

竹林に適応しているが、他にも樹液や果実にも集まる。しかし、前記したように好戦的ではないことと、他のカブトムシとの競合を避けるようになった為か、そういった闘争も行われなくなったと思われる。個体の大きさによる形状の差も他のカブトムシほどではない。

しかし、足が長いためかしがみつく力は意外に強く、大人しい性質とはいえその力は他の大型のカブトムシ類に負けないほどである。

産卵は竹の葉や茎が混じり合った腐植土で行うが、飼育の際に、そういったものを入れておかないと、産卵しない事が多いので注意する。

寿命は短く、日本のカブトムシと同じく、数ヶ月~半年ほど。

[編集]

ゴホンヅノカブト
  • ゴホンツノカブト Eupatorus gracilicornis Five - horned beetle
    アッサム地方からインドシナ半島にかけて生息する。同属で最も有名で、昔から子供向けの図鑑などでもよく取り上げられている(逆に、本種以外のゴホンヅノカブト属は、学者やカブトムシ愛好家を除くとほとんど知られていない)。同属中最大型種であり、なおかつ角が最も発達する(5本の角全てが太く長い)。体長は7cm程だが、最大で9cm程にもなる(タイ産のものは大型化する傾向にある)。前翅全体がクリーム色をしており、雌雄共通の特徴である。竹藪での保護色と考えられているが、この色は死ぬと色が濃くなり褐色になってしまい、そのままの色で標本を作ることはできない。頭角には地域変異があり、長さや曲がり具合などが異なる。
  • カチンゴホンツノカブト Eupatorus sukkiti
    ミャンマー北部に生息する。前翅全体が褐色。胸角は太く短く、身体に対し平行に伸びる。
  • ヒメゴホンツノカブト(ヒマラヤゴホンツノカブト) Eupatorus hardwickei
    ミャンマーネパールなどのヒマラヤ地方に生息する。前翅の色は暗い茶色であるが、稀に淵だけがその色になり、他が黒くなる個体が存在する。
    名前通り、ゴホンヅノカブトよりも小柄で、胸部の角も短い。
  • タイゴホンツノカブト(シャムゴホンツノカブト) Eupatorus siamensis
    タイを中心としたインドシナ半島に生息する。胸角の内側2本は横に潰されたように、板状になっており、外側2本は短い。頭角は細く長い。前翅は赤褐色。
  • エンドウゴホンヅノカブト Eupatorus endoi
    ベトナム南部に生息する。頭角の先が二股に分岐し、胸角は上側の二本は太く短めで、左右の二つは小さい。
  • サンボンヅノカブト Beckius beccarii
    パプアニューギニアに生息する。名前通り頭部の角と胸部の角が二本の計三本で、アトラスオオカブトに近い形状だが、胸部の角には鋸状に細かいでこぼこの突起が並んでいる。
    近似種にニューギニア西部のアルファック山に、クロサンボンヅノカブトBeckius koletta が生息するが、同種と見られることもある。
    ※またサンボンヅノカブト・クロサンボンヅノカブトは、サンボンヅノカブト属としてゴホンヅノカブト属から独立していると扱うこともある。