フレデリック・ロビンソン (初代ゴドリッチ子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代リポン伯爵
フレデリック・ロビンソン
Frederick Robinson, 1st Earl of Ripon
Frederick John Robinson, 1st Earl of Ripon by Sir Thomas Lawrence cropped.jpg
初代リポン伯
生年月日 1782年11月1日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドヨークシャー
没年月日 1859年1月28日 (満76歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、イングランド・ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版
リンカーン法曹院
所属政党 トーリー党ホイッグ党保守党ピール派
称号 初代リポン伯爵英語版、初代ゴドリッチ子爵枢密顧問官(PC)
親族 第2代グランサム男爵(父)
第4代バッキンガムシャー伯爵英語版(義父)
第2代ド・グレイ伯爵英語版(兄)
初代リポン侯爵(子)
配偶者 サラ・ホバート

任期 1827年8月31日 - 1828年1月21日
国王 ジョージ4世

内閣 リヴァプール伯爵内閣
任期 1823年1月31日 - 1827年4月20日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 カーロウ・バラ選挙区英語版
リポン選挙区英語版[1]
任期 1806年11月13日 - 1807年5月26日
1807年5月9日 - 1827年12月31日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1827年4月28日 - 1859年1月28日[1]
テンプレートを表示

初代リポン伯爵・初代ゴドリッチ子爵、フレデリック・ジョン・ロビンソン: Frederick John Robinson, 1st Earl of Ripon, 1st Viscount Goderich, PC1782年11月1日 - 1859年1月28日)は、イギリス政治家貴族

トーリー党内の自由主義派として知られ、財務大臣(在職:1823年 - 1827年)として自由貿易を推進した後、首相(在職:1827年-1828年)を務めたが、閣内分裂や国王ジョージ4世との対立により短期間で総辞職に追い込まれた。その後もホイッグ党保守党ピール派と党派を渡り歩きながら閣僚職を歴任した。

1833年リポン伯爵英語版位を授爵されているが、首相を務めていた時期にはゴドリッチ子爵であった。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1782年11月1日、第2代グランサム男爵トマス・ロビンソンとその妻メアリー(第2代ハードウィック伯爵フィリップ・ヨーク英語版)の次男としてヨークシャーニュービー・ホール英語版に生まれる[2]

1796年からパブリックスクールハーロー校1799年からケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版1802年から1809年までリンカーン法曹院に在学した[2][3]

1806年11月にカーロウ・バラ選挙区英語版から選出されて庶民院議員となる。 1807年以降はリポン選挙区英語版から選出される[1]

リヴァプール伯爵内閣・カニング内閣の閣僚[編集]

1812年からリヴァプール伯爵内閣の商務庁副長官英語版に就任[4](1813年から陸軍支払長官英語版も兼務[5])。1818年から商務庁長官英語版[6]海軍会計長官英語版となり[7]、閣内相へ昇格した[2]

1823年には財務大臣に栄転した[8]。同時期に外務大臣となったジョージ・カニング、商務庁長官ウィリアム・ハスキソンらとともに「トーリー党自由主義派閣僚」として知られ、リヴァプール伯爵内閣が反動から自由主義に路線転換する上で重要な人物の一人となった。ロビンソンは財務大臣として自由貿易を推進し、鉄、石炭、羊毛、麻などの原材料からコーヒーやワインなどの酒類に至るまで様々な品種の関税を切り下げていった。これにより産業は振興し、失業率も減り、景気も回復した[9]1825年のロンドン金融危機英語版も金融改革を行うことで乗り切った[9]

1827年4月にゴドリッチ子爵に叙され[10]貴族院議員となる。同月に成立したジョージ・カニング内閣には陸軍・植民地大臣として入閣したが[11]、同年8月8日早朝にカニングは急死した[12]

首相として[編集]

政治の実権力を取り戻そうと画策していた国王ジョージ4世は、カニングが死んだ8月8日のうちに独断でゴドリッチ子爵を後任の首相に決定し、同日午後に組閣の大命を与えた。国王はカトリック解放英語版やホイッグ党から閣僚を入れ過ぎることに反対する立場だったので、大命にあたってトーリー党守旧派のジョン・チャールズ・ヘリス英語版を蔵相として入閣させるようゴドリッチ卿に命じている[13]

ゴドリッチ卿はカニングのカトリック解放の意思を受け継ぐつもりだったのでヘリス登用に難色を示したが、国王はヘリス登用に固執しており、ゴドリッチ卿がこの人事に応じないならベクスレイ男爵ニコラス・ヴァンシッタート英語版に組閣の大命を与えるとの方針を示した。ヘリス登用にはゴドリッチ卿の同志であるトーリー党内自由主義派やカニング内閣時代からの連立相手のホイッグ党穏健派(ランズダウン侯爵派)からの反発が激しかったため、ゴドリッチ卿は彼らの説得に手間取ったが、なんとか説得し、彼らに政権離反させることなく、さらにトーリー党内保守派も一部政権に取り込むことに成功し、9月1日に組閣を達成した[14][15]

しかし国王から派遣された内閣のお目付け役であるヘリスは、内閣発足後ただちにハスキソンと対立を深めていき、内閣は閣内分裂状態となった[16]

内閣の安定を図りたいゴドリッチ卿は貴族院で大きな勢力を持つトーリー党保守派ウェリントン公爵とホイッグ党急進派グレイ伯爵を牽制する必要性を感じ、12月にウェリントン公爵の兄ウェルズリー侯爵を枢密院議長、グレイ伯爵の親友ホランド卿英語版を無任所大臣として内閣に迎える閣僚人事案を国王に提出したが、これに難色を示した国王は、12月14日にゴドリッチ卿更迭とハロービー伯爵英語版の首相登用を決意した。しかしハロービー卿が組閣の大命を拝辞して上記人事案を受け入れるべき旨を国王に奏上したため、国王も12月19日にゴドリッチ卿更迭の意思を翻意し、ゴドリッチ卿は続投できた[16]

しかし上記人事案をめぐっては閣内からも反発が起こっており、ハスキソンとヘリスがともに辞職を申し出るに至った。これ以上の政権運営は不可能と判断したゴドリッチ卿は、議会開会を二週間後に控えていた1828年1月8日に国王に辞職を表明した。議会開会前に内閣が崩壊するのは前代未聞のことだった[16]

首相退任後[編集]

その後、ホイッグ党へ移籍し、1830年に成立したグレイ伯爵を首相とするホイッグ党政権に陸軍・植民地大臣[17]、ついで王璽尚書として入閣した[18]。王璽尚書になった1833年4月にリポン伯爵に叙された[2][19]

その後、保守党に復党し、第2次ロバート・ピール内閣で商務庁長官英語版[20]インド庁長官英語版を務めた[2][21]

穀物法廃止をめぐって保守党が分裂すると自由貿易を支持してピール派に属した[22]

1847年5月以降は貴族院欠席が多くなり、事実上引退した[22]

1859年1月28日にロンドン・パットニー英語版のグランサム・ハウスで死去した[2]

栄典[編集]

爵位[編集]

その他名誉職[編集]

家族[編集]

1814年にセーラ・ホバート(第4代バッキンガムシャー伯爵ロバート・ホバート英語版の娘)と結婚し、彼女との間に以下の2子を儲ける[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d UK Parliament. “Mr Frederick Robinson” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年3月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Jupp, P. J.l. “Robinson, Frederick John, first Viscount Goderich and first earl of Ripon (1782–1859)” (英語). Oxford Dictionary of National Biography. 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ a b c Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Robinson, the Hon., Frederick John.”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  4. ^ London Gazette: no. 16651, p. 1983, 1812年9月29日. 2014年3月30日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 16803, p. 2206, 1813年11月9日. 2014年3月30日閲覧。
  6. ^ London Gazette: no. 17326, p. 188, 1818年1月27日. 2014年3月30日閲覧。
  7. ^ London Gazette: no. 17330, p. 261, 1818年2月7日. 2014年3月30日閲覧。
  8. ^ London Gazette: no. 17893, p. 193, 1823年2月4日. 2014年3月30日閲覧。
  9. ^ a b 君塚(1999) p.49
  10. ^ a b London Gazette: no. 18356, p. 937, 1827年4月27日. 2014年3月30日閲覧。
  11. ^ London Gazette: no. 18362, p. 1081, 1827年5月18日. 2014年3月30日閲覧。
  12. ^ 君塚(1999) p.53
  13. ^ 君塚(1999) p.53-54
  14. ^ 君塚(1999) p.54
  15. ^ London Gazette: no. 18394, p. 1892, 1827年9月7日. 2014年3月30日閲覧。
  16. ^ a b c 君塚(1999) p.55
  17. ^ London Gazette: no. 18753, p. 2539, 1830年12月3日. 2014年3月30日閲覧。
  18. ^ London Gazette: no. 19036, p. 665, 1833年4月5日. 2014年3月30日閲覧。
  19. ^ a b London Gazette: no. 19038, p. 705, 1833年4月12日. 2014年3月30日閲覧。
  20. ^ London Gazette: no. 20014, p. 2221, 1841年9月3日. 2014年3月30日閲覧。
  21. ^ London Gazette: no. 20226, p. 1654, 1843年5月19日. 2014年3月30日閲覧。
  22. ^ a b 君塚(1999) p.223
  23. ^ a b c Lundy, Darryl. “Frederick John Robinson, 1st Earl of Ripon” (英語). thepeerage.com. 2014年3月23日閲覧。
  24. ^ London Gazette: no. 16632, p. 1579, 1812年8月11日. 2014年3月30日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ジョージ・ローズ英語版
イギリスの旗 商務庁副長官英語版
1812年 - 1818年
次代:
トーマス・ウォレス英語版
先代:
チャールズ・サマーセット卿英語版
イギリスの旗 陸軍支払長官英語版
1813年 - 1817年
チャールズ・ロング英語版とともに
次代:
チャールズ・ロング英語版
先代:
第2代クランカーティ伯爵英語版
イギリスの旗 商務庁長官英語版
1818年 - 1823年
次代:
ウィリアム・ハスキソン
先代:
ジョージ・ローズ英語版
イギリスの旗 海軍会計長官英語版
1818年 - 1823年
先代:
ニコラス・ヴァンシッタート英語版
イギリスの旗 財務大臣
1823年 - 1827年
次代:
ジョージ・カニング
先代:
第3代バサースト伯爵
イギリスの旗 陸軍・植民地大臣
1827年
次代:
ウィリアム・ハスキソン
先代:
ジョージ・カニング
イギリスの旗 首相
1827年8月31日1828年1月21日
次代:
初代ウェリントン公爵
先代:
第2代リヴァプール伯爵
イギリスの旗 貴族院院内総務英語版
1827年 - 1828年
先代:
ジョージ・マレー英語版
イギリスの旗 陸軍・植民地大臣
1830年 - 1833年
次代:
スタンリー卿
先代:
初代ダラム男爵英語版
イギリスの旗 王璽尚書
1833年 - 1834年
次代:
第6代カーライル伯爵英語版
先代:
ヘンリー・ラボシェール英語版
イギリスの旗 商務庁長官
1841年 - 1843年
次代:
ウィリアム・グラッドストン
先代:
第2代フィッツジェラルド=ヴィージー男爵英語版
イギリスの旗 インド庁長官英語版
1843年 - 1846年
次代:
サー・ジョン・ホブハウス英語版
イギリスの爵位
新設 初代リポン伯爵英語版
1833年 - 1859年
次代:
ジョージ・ロビンソン
初代ゴドリッチ子爵
1827年 - 1859年