ゴドウィンの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ゴドウィン (2010)

ゴドウィンの法則(ゴドウィンのほうそく、Godwin's Law)は、1990年弁護士マイク・ゴドウィンMike Godwinウィキメディア財団の法律顧問・法務調整担当)によって提唱された、インターネット上で展開される議論に関する法則である。

「インターネット上での議論が長引けば長引くほど、ヒトラーナチを引き合いに出すことが多くなる」

発案者のマイク・ゴドウィンはこの法則1994年に『WIRED』US版の記事で紹介し、広く知られるところとなった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 世界最大のニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」を支えるテクノロジーの秘密

関連項目[編集]