ゴッドファーザーの息子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴッドファーザーの息子』( - むすこ)は、1973年1月に『別冊少年ジャンプ』(集英社)に掲載された手塚治虫による読み切りの少年漫画

紙の砦』、『どついたれ』などとともに、手塚の反戦思想がこめられた自伝的作品の一つ。

あらすじ[編集]

手塚少年は、ある時、絵のうまさ、漫画の面白さが認められて、思いがけず校内一の番長の親友となる。しかし番長の実家に呼ばれて行くと、そこは地元で名の通った極道一家だった。戦火の足音が迫る中、2人は「マンガ」を通じ友情を育んでいく……。

外部リンク[編集]