ゴゴ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴゴ語
Cigogo
話される国 タンザニアの旗 タンザニア
地域 ドドマ州シンギダ州マニョニ県
話者数 130万人(1992年 UBS)(エスノローグ)
言語系統
表記体系 ラテン文字 (ゴゴ語拡張文字)
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 bnt
ISO 639-3 gog
テンプレートを表示

ゴゴ語バントゥー語群に属する言語である。話者はゴゴ族の人々であり、タンザニアドドマ州、および隣接するシンギダ州マニョニ県に居住している。ゴゴ語は3つの方言を持つと考えられている。ニャムブワ語(シニャムブワ語もしくは西ゴゴ語)はドドマ西部とマニョリで話されている。ニャウゴゴ語(シニャウゴゴ語もしくは中央ゴゴ語)はドドマ周辺で話されている。トゥンバ語(シトゥンバ語もしくは東ゴゴ語)は東部で話されている。ゴゴ語族はカグル語と同族で、語彙の共通度は56%に達する。カグル語をゴゴ語の方言とする事もある。ゴゴ語はヘヘ語サング語(共にベナ・キンガ語族)と50%の語彙が一致し、キムブ語と48%一致し、ニラムバ語と 45%一致する。後の2語はZone Fに属する。ゴゴ語はキリスト教徒にもイスラム教徒にも話されており、タンザニア英国聖公会の主要言語の1つである。

参考文献[編集]

  • Rugemalira, Josephat M. (2009). Cigogo, Kamusi ya Kigogo-Kiswahili-Kiingereza / Kiingereza-Kigogo, na Kiswahili-Kigogo / Gogo-Swahili-English, English-Gogo, and Swahili-Gogo Dictionary. ISBN 9987691250.

外部リンク[編集]