ゴグマゴグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴグマゴグ(Gogmagog)は、イギリスがまだアルビオンと呼ばれていた頃の、太古のブリテン島に住んでいたと言われる巨人。 その名は「敵対者」を意味し、ゴーモト(Goemot)とも呼ばれる。

ジェフリー・オブ・モンマス著の『ブリタニア列王史』では、コーンウォール山の洞窟に棲む巨人達のリーダーとして登場する。

ブルートゥス軍がブリテン島に上陸した時、ゴグマゴグ達は全力で抵抗したが、最終的にゴグマゴグ一人だけになり、ブルートゥス軍の副将軍コリネウスとの一騎打ちに敗れる。

別の説では、ゴグとマゴグの兄弟ともされる。

執筆の途中です この項目「ゴグマゴグ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。