ゴクラクインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴクラクインコ
Par-1-.jpg
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: オウム科 Psittacidae
: ビセイインコ属 Psephotus
: ゴクラクインコ
P. pulcherrimus
学名
Psephotus pulcherrimus
(Gould, 1845)
和名
ゴクラクインコ
英名
Paradise Parrot

ゴクラクインコ極楽鸚哥、学名:Psephotus pulcherrimus) はオウム目オウム科に属する

分布[編集]

オーストラリア東岸のクイーンズランド州からニューサウスウェールズ州北部にかけて生息していた。

形態[編集]

全長30cmほど。体色は頭部と胸が青緑色、背が灰褐色、額が赤く、目のまわりには黄緑色の輪。羽には大きな赤い斑点があり、尾羽は青。

絶滅の経緯[編集]

ゴクラクインコ(英名PARADISE PARROT)の名は、その姿の美しさ故につけられた。ゴクラクインコを飼うことは、イギリスで大ブームになったが、そこで繁殖するというわけにはいかなかった。ゴクラクインコは飼うのが難しく、短期間で死んでしまう上に、蟻塚を作るという(室内での繁殖には致命的な)習性があったのである。

1894年以降、ゴクラクインコを飼ったという記録はなく、野生のものも1915年までには姿が見られなくなった。観賞用としての乱獲に加えて、牧場や移入動物によってゴクラクインコの生息環境が破壊されたためである。1921年に一組のつがいが発見され、1927年にはを孵すところも確認されたが、やがて巣を放棄して姿を消した。卵はみな腐っていた。それ以降、ゴクラクインコの姿を見た者はいない。

補足[編集]

  • ある自然研究家はゴクラクインコについてこう言ったという。「これほど美しいものを何の保護策もなく地上に置いたのは、自然のの思慮の足りなさではないか」と。
  • 今でもなお他の種類のインコが、ゴクラクインコと偽って売られているという。

(以上2項目、ビデオシリーズ「20世紀生きもの黙示録」より)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ゴクラクインコ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類