コールド・スプリング・ハーバー研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コールド・スプリング・ハーバー研究所
Cold Spring Harbor Laboratory.jpg
コールド・スプリング・ハーバー研究所
正式名称 Cold Spring Harbor Laboratory
日本語名称 コールド・スプリング・ハーバー研究所
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州コールド・スプリング・ハーバーバングタウン通り1
予算

1億5000万ドル(2012年)[1]
 連邦政府から: 38%
 基金・民間から: 23%
 付帯活動から: 25%
 寄付から: 8%
 企業から: 1%

 ロイヤルティーから: 5%
人数 360名以上の科学者[1]
活動領域 分子生物学量的生物学バイオインフォマティクス遺伝学
設立年月日 1890年
ウェブサイト http://www.cshl.edu/
テンプレートを表示

コールド・スプリング・ハーバー研究所(Cold Spring Harbor Laboratory:CSHL)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドにある民間非営利財団による研究所で、生物学医学の研究および教育を目的とする。最先端の研究で世界的に知られ、ノーベル賞受賞者も出している。有名な港町コールド・スプリング・ハーバーサフォーク郡ハンティントン町)の名を冠しているが、所在地はその西隣のナッソー郡ローレル・ホロー村である。

歴史[編集]

1890年にブルックリン財団が生物学研究所を、また1904年にカーネギー財団が実験進化研究所をこの地に設立したのに始まる。カーネギー財団の研究所は1921年にカーネギー研究所遺伝学部門となり、遺伝学の発展に大きく寄与した。1962年に両研究所が合併しコールド・スプリング・ハーバー研究所となった。

カーネギー研究所は20世紀前半には優生学研究でも知られた。「優生記録所」が置かれ、優生学者チャールズ・ダベンポートハリー・ラフリンがここで「劣悪人物の家系に関する研究」を行った。これはアメリカの移民排斥に理論的根拠を与え、ナチスの思想とも無関係でないといわれる。この研究・施設は1935年に科学的でないと問題にされ閉鎖に至った。

1940年代には分子生物学の源流となる研究が行われた。1944年にはバーバラ・マクリントックトウモロコシトランスポゾンを発見した(1983年ノーベル賞受賞)。またマックス・デルブリュックサルバドール・ルリア(彼らはファージ・グループと呼ばれる)がここをバクテリオファージ研究の中心とし、さらにDNAが遺伝物質であることを示す実験をアルフレッド・ハーシーマーサ・チェイスが行った。その他のノーベル賞受賞者にはリチャード・ロバーツフィリップ・シャープイントロン構造の発見)、また受賞後に2007年まで所長・会長を務めたジェームズ・ワトソンがいる。

研究振興・教育[編集]

所内での研究と並んで研究振興・教育にも力を入れている。1933年には出版局としてCold Spring Harbor Laboratory Press(CSH Press)が設立され、以来多数の学術誌と学術書・実験書を出版し続けている。

集中講義や研究会も多数開催している。ルリアとデルブリュックによるファージ・コース(1948年)は、分子生物学草創期の指導者たちを育てたことで知られる。シンポジウム"Cold Spring Harbor Laboratory Symposium on Quantitative Biology"は1934年以来毎年開かれ、最新の研究テーマを取り上げている。このほか高校生や大学生のための指導なども行っている。

脚註[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度51分43秒 西経73度28分2秒