コールド・ケース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コールド・ケース (Cold case) はアメリカの一部ので導入されている時効制度の一種である。また、未解決事件のことを指してコールド・ケースと呼ぶ場合もある。

概要[編集]

時効を過ぎてしまった未解決事件(主に殺人事件)で、証拠や本人の自白が得られれば、時効そのものが解除されて事件として立件できる制度である。2008年にロス疑惑三浦和義の米国での再逮捕(後に自殺)やテレビドラマで注目されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]